鋼鉄より強い。金属でできた発泡スチロールみたいな新素材

6月16日(日)20時0分 GIZMODO


CMF
Movie: NCState/YouTube

『バットマン』の愛車・タンブラーはこれでできてるのかも。

映画のなかの世界では、たとえば敵からの攻撃にびくともしない装甲車が出てきます。では実際に、完全に防弾の乗り物をつくることはできるのかというと、不可能ではないようです。とはいえ、重くなって移動しづらくなるという別の問題が浮上するのですけど。

そんななか、ノースカロライナ州立大学で新たに開発された素材が複合金属発泡体(CMF)です。これは、チタンや合金などの枠に囲まれた、極小のピンポン玉のような金属ボールの集まりからできています。ダンボール箱からガジェットを取り出すとき、小さな発泡スチロールのボールを片付けたことのある人は、CMFがどんな構造か想像しやすいかもしれませんね。

表にセラミックを、裏には薄いアルミ板を、その間にCMF素材を挟んだ複合パネルは、重たい鋼鉄の鎧と同等の防弾性が期待できるそうです。

実験は、紛争地域で飛び交うもっとも厄介な発射物に等しい状況で行なわれました。

用いられたのは、毎秒500m〜885mという速度で飛んでくる、0.50口径の弾丸と0.50口径の徹甲弾。その結果、CMF素材の複合パネルは、弾を受けると形を崩しながら弾丸のエネルギーの最大75%を吸収し、徹甲弾ならエネルギーの最大78パーセントを吸収できました。同じ防弾力が期待できる鋼鉄製の装甲パネルであれば、少なくとも2倍の重量になるとのことです。

この新しいCMF素材には、装甲車の安全性、操縦性、燃費の向上、大幅な軽量化、そして鋼鉄よりも必要な材料がはるかに少ないといった利点が挙げられます。研究者たちは、セラミックとアルミニウムの厚さを最適化し、パネルのさまざまな層をまとめる接着剤を改善することでいっそう軽量化できると考えているとのこと。また、このCMF素材はX線、ガンマ線、中性子線を遮断するのに非常に効果的であることが見出されており、鋼鉄のプレートの2倍の温度まで火・熱に耐えられるといいます。

たぶん、CMF素材は将来的に軍事にとどまらず、宇宙船をゴミや放射線から保護すること、さらには自動車をより安全にすることなど、さまざまな有望な用途が期待できるでしょう。もっとも身近なところで、スマホの素材として使われるようになれば(物理的な意味で)これ以上の端末保護はないのではないでしょうか。

GIZMODO

「YouTube」をもっと詳しく

「YouTube」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ