なぜ一部のAndroidスマホにGoogle Play ストアはないのか

6月18日(火)22時0分 GIZMODO


20190604_android
Photo: Sam Rutherford (Gizmodo US)

知っているようで知らない、Androidのライセンスの仕組み。

Huaweiのスマートフォン、Amazonのタブレット、そして当然GoogleのPixelもAndroidなのに、端末によっては、Google Play ストアが使えなかったりするのはなんでなの?

この記事では、人に聞くまでもないけど、知っているようで知らない、Androidのライセンス的な仕組みについて解説していきます。

Android オープンソースプロジェクトとはまずAndroid オープンソースプロジェクト( Android Open Source Project, AOSP)について知っておく必要があります。聞いての通り、Androidはオープンソース(コンピュータプログラムであるソースコードを一般公開し、誰でも自由に扱ってよいとする考え方)で、全世界の誰もがAndroidのオープンソースを用いたアプリを作ることができます。AOSPは、Googleのエンジニアによって開発・メンテナンスされていて、ベースはLinuxソフトウェアのオープンソースになっています。

ほとんどのAndroidのスマートフォンメーカーは、AOSPを独自のAndroidバージョンで開発しているため、Samsung、LG、Xiaomi、OnePlus等のスマートフォンは、それぞれ微妙に画面の見た目が異なるわけですね。 各企業には独自のソフトウェア開発者チームが存在します。

さらにAOSPの一部ではありませんが、Androidには通常バンドルされている、Google Mobile Services(GMS)があります。 これには、Google Chrome、YouTube、Google検索、Google Play ストアが含まれていますが、これらはAmazonデバイス(そして潜在的にはHuaweiのデバイス)にはありません。


20190605_android2


アプリ開発で重要となる「Google モバイルサービス」Googleは「Google モバイルサービス(GMS)」を無料で端末メーカーにライセンス供与していますが、これは一定の基準が満たされた場合に限られます。

その基準のひとつとして、GmailやGoogle MapsなどのGoogleアプリをデバイスにプリインストールすることです(ちなみにこのポリシーのために、Googleがヨーロッパの規制当局に莫大な制裁金を課せられている問題もあります)。

それでも、Android を採用する端末メーカーのほとんど、例えばGalaxy S10やLG G8 ThinQなどは、GMSパッケージを提供しています。

ハードウェアの会社は自社の端末にAndroidを最大限活用して、Googleは、自社のアプリやサービスを使ってもらうことで、多くのユーザーを獲得することでお互いハッピーな構造です。

しかしGMSには思っていた以上のものも含まれています。Google Play Storeはアプリを提供するだけでなく、Androidのセキュリティスキャンの大部分を実行するGoogle Play Servicesフレームワークも提供します。また、Androidに接続するために使用する開発者のための重要なAPIも含まれています。

これらのAPIがないと、Google Play ストアの外部でアプリケーションを開発することが難しくなります。


20190605_android3
Photo: Sam Rutherford (Gizmodo US)

事実上AOSPからGMSにかなりシフトしているので、AOSPだけで実行可能な製品を開発するには、もはや実用的ではないという声もあります。一方Googleは、コアコードのうち必要なものはオープンソースであり、誰でもデプロイできるようにメンテナンスしていると反論するでしょう。LineageOSやAmazonのFire OSプロジェクトもありますし。

AmazonはFire タブレットでGoogleに対抗しています。Amazonは、自社のユーザーをGoogleのアプリやサービス(特にビデオと音楽)に誘導することに消極的で、その結果、AmazonのFire タブレットにはGoogle Playストアはありません。Amazon App Storeには、有名な人気アプリケーションもありますが、各アプリの開発者がAmazon用のアプリに移植するためのリソースを割いていないため、Googleと同じレベルのものはほとんどありません。

Google Pixelに搭載された「純粋なAndroid」
20190605_android4
Photo: Sam Rutherford (Gizmodo US)

AOSPとは対照的に、「純粋なAndroid」を搭載する端末もあります。

かつては、「純粋なAndroid」を手に入れる方法は、Nexusシリーズを購入することでした。今では、Nokiaなどで使用されている「Android One」は、(程度の差はありますが)純粋なAndroidといえます。SamsungやOnePlusのような見た目の華やかさや、独自アプリはありません。

そして今の「新しい」純粋なAndroidは、GoogleがPixelに搭載しているAndroidです。ASOPとGSM、そしてGoogleが独自に追加した機能が搭載されています。これには、天気ウィジェット、ロック画面上のNow Playing表示、Call Screenのサポート、および追加のカメラ機能が含まれます。

これらがAndroidの全体的なスキームに大きな違いがあるわけではないため、Android、Android One、Pixel Androidは混同されがちです。 しかし、最新かつ最高のAndroid(最もクリーンなAndroidとは限りませんが)を欲している場合は、Google製のスマートフォンを選ぶことになるでしょう。


20190605_android5


HuaweiスマホのAndroidはどうなる?Huaweiは現在GMSへのアクセスを失っている可能性がありますが、これは悲観的な話ではありません。中国で事業を行なっているほとんどのスマホメーカーと同様、Google Playストアに対する中国の制限により、すでに独自のアプリストアが導入されているのです。

それでも米国による制裁は、GMSライセンスだけでなくAOSPアクセスをめぐる著作権の枠組みも脅かしています。AOSPはフリーでオープンソースですが、Huaweiはそれすら利用できなく可能性があります。

そうなってしまうとHuaweiは、新しいアプリストアだけでなく、まったく新しいOSを開発しないといけません。 現時点ではまだ多くの疑問点がありますが、HuaweiがAndroidを利用し続けられるかどうかの重要なポイントは、AOSPとGMSの両方のライセンスに対してどのくらい影響しているかどうかです。HuaweiがAOSPのものを使い続け、Amazonに近いポジションになる可能性があります。

現段階では、法的な複雑さもあり、結論はまだ明らかになっておらず、結果的にHuaweiは猶予を与えられるかもしれません。 Huaweiのスマートフォンを持っていても、ある日それが突然使えなくなるわけではありません。Googleは、Google PlayストアとGoogle Playサービスが継続して実行されると述べています。しかし今後出てくる端末と、Androidの次期以降のバージョンに関しては確約されていない状況です。

Huaweiと他の中国メーカーは、すでに中国ではGoogle Playストアなしを実現していますが、代替のアプリストアは非常にローカライズされており、Snapchat、Spotify、およびTwitterはありません。

いかがでしょうか?

これまでにAndroid周りで起こったこと、そしてAndroid周りのニュースがこれから報じられても、その背景が理解できるようになれば幸いです。

GIZMODO

「Android」をもっと詳しく

「Android」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ