サークルKサンクス失効ドメインに6000万円 落札額への受け止め、競売運営社に聞いた

6月19日(水)15時5分 J-CASTニュース

今はなきサンクス(2016年撮影)

写真を拡大

ドメイン登録サービスのお名前ドットコムにて競売にかけられていた「サークルKサンクス」のドメイン(circleksunkus.jp)が2019年6月18日夜、オークション開催期間終了に伴い落札された。価格は6000万300円となった。

ネット上では落札価格に「すごい」と驚く声があがったが、一方で「本当に支払えるのか」といった疑問の声も出ている。お名前ドットコムを運営するGMOインターネットの広報担当者にJ-CASTニュース編集部が、こうした疑問をぶつけてみた。



終了日の夕方には500万円だったが、その後急上昇




お名前ドットコムはオークションを6月1日から18日夜まで開催し、「.jp」ドメインの取得権を競売にかけていた。誰でも300円から入札することができ、「自動入札機能」も用意されている。6000円から始まり、4日に10万円を突破し、7日(20時)には100万円を超えた。


そしてオークション最終日の18日。18時30分頃には500万円に達し、その後「終了」時間に向けて急上昇、結局は20時30分の終了時点で最高額であった「6000万300円」で取引を終えた。お名前ドットコムのサイトでは、具体的な落札者情報は公表されていない。


かなりの高額落札に、ツイッターなどで「(落札者は)本当に支払えるのか」といった疑念が出ていることについて、GMOインターネットの広報担当者は、J-CASTニュースの19日の取材に対し、次のように答えた。オークション参加には「クレジットカードでの支払いが前提」で、参加者は事前に登録しているため、「基本的には(いたずらで、落札者が実際には払わない、といった事態は)起こらない、と考えている」とした。ただ、「クレジットカードの利用限度額というものがあるので、入札の価格に合わせて(入札者が)調整していただくよう案内している」と述べた。


また「前例はないが支払いができないというイレギュラーが起きた場合は次の高額落札者にご案内を検討する」と答えた。


ファミマ広報「ドメイン名もファミリーマートに一本化している」


 

落札されたドメインは外部リンク数が4000を超え、検索エンジン評価も高い。そのため、ツイッターなどには以前から、落札者が成人向けサイトや、フィッシング詐欺サイトなどに転用してしまう可能性を指摘して懸念を示す声も出ていた。


今後の対応について、サークルKサンクスとブランド統合したファミリーマートの広報担当者は、オークション期間終了を直前に控えた18日午後、


「ファミリーマート・ブランドにブランド統合が完了しており、ドメイン名もファミリーマートに一本化しているため、こちらのドメイン(circleksunkus.jp)は今後使用する予定はない」

「今回のオークションにも参加していない」

と、取材に対して述べた。


また、今回落札した第3者からドメインを買い直すこともないのか、という記者の質問に


「はい。ありません」

と担当者は答えた。

J-CASTニュース

「ドメイン」をもっと詳しく

「ドメイン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ