各種「ハイレゾ音源」のネイティブ再生に対応 デジタルオーディオプレーヤー

6月22日(土)10時0分 J-CASTニュース

高音質をどこでも楽しめる

写真を拡大

パソコン用周辺機器およびオーディオ機器などの代理店事業を手がけるアユート(東京都文京区)は、韓国アイリバーの「Astell&Kern(アステル・アンド・ケルン)」ブランドから、デジタルオーディオプレーヤー(DAP)「KANN CUBE(カンキューブ)」を2019年6月22日に発売する。

MINI XLR端子搭載



アルミニウム製のボディーに米ESS Technology製の8チャンネルDAC(デジタル・アナログ変換回路)「ES9038PRO」2基をポータブルオーディオ機器としては初搭載したといい、高出力再生と低ノイズ化を両立。本機単体で高インピーダンスや平面駆動など鳴らしづらいとされるヘッドホンもしっかり駆動できるという。



CDを超える高解像度「ハイレゾ(ハイレゾリューション・オーディオ)音源」は、PCM最大 32bit/384kHz、DSD 256(11.2MHz/1bit)のネイティブ再生が可能。マスタークオリティのファイルを圧縮できるエンコード技術「MQA」にも対応。2.5ミリバランス出力、USB-AUDIO、3.5ミリヘッドホン端子兼用の光デジタル出力を備え、ハイレゾ音源対応のUSB-DACとしても活用できる。



MINI XLR端子を装備し、XLR端子変換ケーブルを併用することでオーディオシステムへのバランス伝送が行える。USB 3.0(Type-C)をサポートし、最大10Gbpsのファイル転送速度を実現したほか高速充電にも対応する。



タッチ対応の5.0型HD(720×1280ドット)ディスプレイ、内蔵ストレージ容量は128GB、microSDXCカードスロット(最大512GB)を搭載。IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN、Blutooth 4.2をサポート。容量7400mAhリチウムポリマーバッテリーを内蔵。



USB Type-Cケーブル、画面保護シート×2、microSDダミーカード×2などが付属する。



カラーはWolf Gray。



アユートの直販サイト「アキハバラe市場」での価格は19万9980円(税込)。

J-CASTニュース

「オーディオ」をもっと詳しく

「オーディオ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ