日本先行キャンペーン!英国発、北欧のミニマルさと機能性を兼ね備えた「Podium」

6月23日(日)21時45分 GIZMODO


1-1
Image: machi-ya

ライフハッカー[日本版]からの転載

皆さんの理想のバッグってどんなもの?

今利用しているものは概ね満足しているけど不満点も少しある、という方が多いのではないでしょうか。通勤や通学だけでなくアクティビティにも対応でき、さらにデザイン性や機能性も高い理想のバッグに出会えた方は運命かもしれません。

そんな方に選択肢を一つご提案。日常からビジネスシーンまでサポートする英国発の3wayブリーフケース「Stolt Podium(ストルト ポディウム)」が世界に先駆けて姉妹サイトmachi-yaに登場。北欧デザインのミニマルさと機能性の両立を目指したバッグを早速チェックしてみましょう。

前作に改良を加えた最新モデル
2-1
Image: machi-ya

Podiumは昨年キャンペーンを実施したStolt Alphaをベースに、より日常使いを意識して開発されたバッグとのこと。


3
Image: machi-ya


4-1
Image: machi-ya

前作に続きシンプルミニマルな意匠となっていますが、大きく異なる点はサイズ感。様々な体格の方にもフィットするように、また日常での利便性アップを図るためダウンサイズされてスリムさを求めたようです。

シーンを選ばない3Wayスタイル
5-1
Image: machi-ya

Stolt Podiumはブリーフ・バックパック・ショルダーの3way仕様。ビジネスシーンではフォーマルに手持ちし、通勤やアクティビティの際には手ぶらスタイルなど幅広いシーンに対応。1タイプに縛られず、好きなスタイルにいつでも変更できる点はグッドですね。

機能十分な収納力
6
Image: machi-ya

バッグは3コンパートメントで構成され、フロント側は拡張によって収納量をアップ可能。シューズなど大きめのものに向いています。


7
Image: machi-ya

メインコンパートメント内は2分割され、ジッパーで仕切られたガーメントスリーブを標準装備。衣類を分離して持ち運べるので、他の荷物によるシワや汚れを気にする必要はありません。


8
Image: machi-ya

背面側には15インチまでPCスペースを設定。

バッグが揺れない、不快にならない
9
Image: machi-ya

前作に引き続きアクティビティ対応のため、ウエストとチェスト2つのストラップがしっかりと体をホールド。背負って走っても不快なバッグの揺れがほぼ発生しないように設計されています。


10
Image: machi-ya

またバッグ背面はエアフロー構造とメッシュ素材の採用により通気性もよく、背負っていて汗をかいても快適に保たれます。


11
Image: machi-ya

追加の快適仕様として、背中への当たりを柔らかくする背面メッシュやコンパートメント内部の抗菌処理も。濡れた衣類やシューズの不快な臭いなどを低減してくれそうです。


12
Image: machi-ya

生地自体も汚れや水気に強いコーデュラナイロンを採用。さらに撥水加工も施されており多少の雨に晒されても、中身が濡れる心配は少なさそうです。

充実のオプションたち
13
Image: machi-ya

製品本体のみでも多くのシーンへの適応力が感じられますが、さらに充実させるためにオプションも設定されています。強めの雨の際に使えるレインカバー、シャツ類をきれいに畳めるフォールディングガイド、着替えなどの持ち運びに便利なランドリーバッグというラインナップに。

英国発3wayブリーフケース「Stolt Podium」は全世界に先駆けてmachi-yaでキャンペーン実施中。バック単体は早割29%OFFの16,600円(送料込)から、オプションが揃ったフルセットは早割33%OFFが19,500円(送料込)からオーダーが可能となっています。

海外で成功してからではなく日本に最初に届けたいというクリエイターの想いが詰まったこのバッグ、注目してみてもいいのではないでしょうか。

詳細は以下のリンクからチェックしてみてください。

>>英国発のスタイリッシュな3wayブリーフケース「Stolt Podium」のオーダーはこちらから

Source: machi-ya

GIZMODO

「英国」をもっと詳しく

「英国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ