「同人誌ならグレーだから訴えられない」「駿河屋で買って自社で裁断」 被害続く“違法同人誌サイト”、法人運営の悪質手口を関係者に聞いた

6月23日(土)17時53分 ねとらぼ

違法同人誌サイト「同人あっぷっぷ」(サイトより/画像は編集部で一部加工しています)

写真を拡大

 違法同人誌アップロードサイト「同人あっぷっぷ」などを、熊本県の法人A社が複数運営していることがねとらぼ編集部の取材で分かりました。見えてきたのは著作権者の許可なく同人誌を自社で裁断し、アップロードするなど悪質な手口です。
●「同人誌はグレーゾーンだから訴えられない」と豪語
 ねとらぼ編集部が本件を取り扱うこととなったきっかけは「違法同人誌アップロードサイトを熊本県内の法人が運営している」という情報提供。「漫画村」などの海賊版サイトが話題になる中、同人誌業界も同様の被害に長年苦しんできたことはよく知られていますが、運営者の特定に至れず、野放しになっているケースが多いとされてきました。
 そんな中、熊本県の法人A社について関係者が詳しい内情を語りました。
——大手同人誌サイトをA社が運営しているとのことですが、詳しい状況を教えてください。
情報提供者:熊本県の法人、A社は「同人あっぷっぷ」などの男性向けサイトと「BL同人801館」などの女性向けサイト、合わせて10個以上の同人誌違法アップロードサイトを運営しています。
——サイトをみると、基本的にはユーザーが同人誌のデータをアップロードする形式が多いようですね。
情報提供者:サイト上はそのような作りになっていますが、実質的にはA社の社内でアップロードしていると聞いています。
——具体的にはどういうことでしょうか。
情報提供者:まずインターネット通販の「駿河屋」で同人誌を大量に購入し、A社内にある裁断機で同人誌を裁断します。そしてそれをスキャンしてデータ化したら、A社が運営するサイトにアップロードするんです。
——サイトを運営するだけでなく、自社でアップロードまで行っているんですか。著作権等についてはどう認識しているのでしょうか。
情報提供者:「同人誌自体がグレーゾーンなもので、著作権を侵害しているのだから、(同人誌の作者から)訴えられることはない」という考え方です。
——強引ですね。実際にクレームが来ることはないのでしょうか。
情報提供者:あります。サークルからのクレームには対応しているようですが、例えば「とらのあな限定」「メロンブックス限定」といった同人誌があって、販売サイト側からクレームがあったような場合は無視していたこともありました。
——同人誌サイトは基本的にチーム運営なのでしょうか。
情報提供者:A社は同人誌の違法アップロードサイトの運営とパワーストーンの販売、女性向けアダルトグッズの販売を主力事業としています。同人誌部門は男性向けチームと女性向けチームに分かれていて、1日に10冊程度の同人誌を違法アップロードしています。同人誌部門だけで月に広告掲載費を2000〜3000万円は稼いでいると思います。
——最後になぜ情報提供を決意されたのでしょうか。
情報提供者:「アウトな企業」とは思っていましたが、最近になって良心が痛んだことが大きいです。特に漫画村の件で心が動きました。
●広告代理店「全てA社の運営でございます」
 ねとらぼ編集部は複数の情報源を基に、A社と取引のあった広告代理店に「同人あっぷっぷ」など11サイトについてのURLを確認してもらいました。
——この11サイトについて運営会社はA社ですか。また取引したことはありますか。
広告代理店:(運営は)全てA社です。全てのURLにおいて取引実績がございました。
——A社とお付き合いが始まったのはいつごろからですか。
広告代理店:2012年7月から継続してお取引させていただいております。
——月にいくらぐらいの取引があったのでしょうか。
広告代理店:2018年初旬はおおむね月95万円から100万円程度の取引実績がありましたが、4月以降は月2万円程度の取引実績となっています。
 取材に応じた広告代理店によると4月以降に取引額が激減しているのは、「漫画村」などの海賊版サイトが4月13日に政府よりブロッキングの対象として明示されたことを受けて、海賊版サイトに関与しているおそれのある取引サイトとの取引を停止する措置を行ったからとのこと。A社が運営する一部メディアに対しての措置漏れがあったことなどから若干の取引が発生していたとみられます。
●A社は直撃取材に対してなんと答える……?
 編集部はこれまでの取材からA社が複数の同人誌サイトに関わっていると確信。同人誌サイトの運営状態を把握しているA社のO部長に取材を申し入れました。
——A社では同人誌サイトを複数運営されていませんか。
O部長:なんというサイトですか。
——「同人あっぷっぷ」「BL同人801館」「moemax」「同人ラボ」「ビーシェアリンク」「BL同人801館」「BLマガジン」「裏バラ本舗」「ボーイズライブラリー」などです(実際には別のサイトについても問い合わせましたが、名称が過激なため記事内では差し控えます)。
O部長:存じ上げないサイトですね。
——A社の社内で同人誌を裁断しているとの情報もありますが。
O部長:存じ上げません。
——もう一度確認しますが、A社は違法同人誌サイトを運営していないのですね。
O部長:お答えしかねます。
——先ほどは、サイトの存在を知らないと言っていたのに、答えられないというのはどういうことなのでしょうか。
O部長:御社からの質問にはお答えすることがございませんので。
 A社には複数回同様の質問をしましたが、いずれもO部長が「知らない」「答えられない」と回答しました。
●出稿に関係するアイモバイルは……
 「ねとらぼ」ではこれまでにも、違法海賊版サイトにおける広告出稿の責任について取り上げてきました。これは、違法海賊版サイトの運営資金が、多額の広告掲載費について賄われているとみられるからです。
 今回取材を行ったA社のサイトでも、アイモバイルなどの広告代理店(前述の取材に応じた代理店とは別)を経由した広告が多数確認されており、こうした広告費がA社の売り上げになっているとみられています。
 これについてアイモバイルに質問を行いましたが、「当社と致しましては利用規約に準じて適宜対応しております。また大変申し訳御座いませんが特定の事由についてはお答えできかねます」との回答がサポートセンターから送られてくるばかりでした。
 また6月中旬にA社のスマホ版「BL同人801館」に多数の広告が出稿されていた「DMMGAMES R18」のゲームについて、DMMゲームマーケティング本部にも「出稿意図があったのか」などを問い合わせましたが、明確な回答は得られませんでした。
●同人誌であっても著作権侵害になる?
 こうした状況について、最後にグラディアトル法律事務所の若林翔弁護士にも見解を伺いました。
——同人誌であっても、著作権者の許可なくネット上に本文を全文転載することは違法と言えますか。またいえる場合は、具体的にどういった罪に該当し、どういった処罰を受ける可能性があるのか教えてください。
若林弁護士:同人誌であっても、著作権者の許可なくネット上に本文を全文転載することは違法です。同人誌の内容が原作に新たなストーリーを加えたものであっても、これは二次的著作物として保護されます。そのため、これを許可なくネット上に転載することは違法です。また、同時に原作者の著作権も侵害しており違法です。著作権法上、10年以下の懲役または1000万円以下の罰金といった刑事罰が定められており、刑事罰を受ける可能性があります。
——こういったサイトを発見した際には、どのような対応を取ればよいのか教えてください。
弁護士:その目的に応じて、刑事告訴、削除請求、損害賠償請求等が可能です。
 「同人誌なら訴えられない」という身勝手な主張で、違法アップロードを繰り返しているA社は現在も、手を変え品を変えサイトを更新していることが分かっています。
 6月8日には、広告業界団体が「海賊版サイトへの広告を排除」するために定期的に協議を行うことを発表したばかりですが、完全な排除にはまだまだ時間がかかるとみられています。ねとらぼ編集部では今後も海賊版サイトと広告に関する問題について取材を続けていきます。

ねとらぼ

「同人誌」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「同人誌」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ