水没したスマホは、お米に埋めると復活するのか?

6月30日(日)10時0分 lifehacker

お米と言えば、さまざまなものと相性がいいことで知られています。

ただし、水没したスマホを生米に埋めるのは禁物です。これは誤りです。

実際のところ、生米には何の効果もありません。「水没したスマホを生米に埋めたら復活した」というのは、たまたまそうなっただけであり、そこに因果関係はないのです。

とはいえ、多くの人が、水没した愛用のデバイスを生米に埋め、「1日じっと待つ」という体験をしているはず。

こうして、米から取り出した端末が魔法のように復活し、数百ドルの出費を免れたとなれば、この怪しげな方法を称えたくなるのも無理はないでしょう。「米だ、米が私のスマホを救ってくれた!」というわけです。

スマホが酸化し壊れやすくなる可能性しかし、iFixitのサイトに、このよく知られた危機回避策に関する幻想を打ち砕くような記事が掲載されています。

この記事の中で、「水ぬれによる損傷と微細部品のはんだ付けの専門家」(最高の肩書きですね)を名乗るJessa Jones氏は、生の米に埋める方法が、水ぬれ事故から端末を救う究極の解決法にならない理由を、詳しく説明しています。

スマホを生米に埋めるのは、何もしないで待つのと実質的に同じです。「自分は、端末を復活させるために積極的に何かしている」という気分を味わえるだけにすぎません。

端末が水と接触した瞬間から腐食が発生します。重要な部品が腐食してしまうこともあれば、そうならずに済むこともあります。

端末がすっかり乾くまで、電源をオンにするのをじっと我慢すれば、カウンターの上でも米袋の中でも、どこに置いておいても、運良く復活することはあります。

人は、米袋の中に入れておいた端末が復活したら、米のおかげだと考えがちです。でもそれは違います!

問題なく動いているように見えても、端末内のはんだ付けされた箇所が酸化し、もろく壊れやすくなっています。

端末の中では腐食が広がっているのです。生米に埋めたら端末が復活したというのは、私たちが何かしたわけではなく、一時的に運に恵まれただけです。

スマホを水に落とした時の対処法は?ヘアドライヤーの熱風を吹き付けるのでしょうか?

それとも、消毒用のアルコールに端末を浸すのでしょうか?

実は、アルコールに浸すのは正しい対策なのですが、これにもいろいろと条件がつきます。

可能であれば、水没した端末を分解し、バッテリーを取り出しましょう。次に、イソプロピルアルコール(アルコール度数90%以上のもの)を使い、水に含まれる不純物が端末の高価な回路にこびりついてしまう前に、すべてをアルコールに置き換えてしまいます。

iFixitのライター、Kevin Purdy氏(米LifehackerのOBでもあります)が書いているように、端末をうっかりぬらしてしまった時には、手の込んだ複数のステップを踏む必要があります。

でも、これらのステップを全部実行できない場合や、端末を分解するとメーカー純正の防水機能が損なわれてしまうため、そうしたくない場合は、もっと簡単に済ませる方法もあります。



端末の電源を切り、筐体の中に入った水が一番流れ出しやすい角度に傾けます。

外気に十分にさらして乾燥しきるまで、端末をオンにするのを待つのです。

どんな場合にも効果があるとは言えませんが、普通のユーザーにできる方法としては最良の部類でしょう。あとは、修理店に持って行くしかありません(水ぬれの程度によっては、これも考慮すべき選択肢です)。

初心者向けの最適な対処法うっかり端末を水に落としてしまった場合、適切なツールがある、あるいは腕に自信があるのであれば、以下に挙げるPurdy氏の推奨するステップを参考にしてください。



できる限りすぐに水から端末を引き上げる

直ちに電源を切る

端末からできるだけ水分を抜く

バッテリーを取り外せるタイプの端末で、バッテリーが水に触れたことがはっきりわかる場合は、バッテリーを新しいものと交換する

腐食したように見えるロジックボードなどの部品(ただしカメラとディスプレイ関連の部品以外)があれば、これを取り外し、アルコール度数90%のイソプロピルアルコールに浸す

アルコールに浸した部品を磨き、アルコールを乾かし、慎重に組み立て直す

そして、最後に。

実は米Lifehackerでは、水没した端末を米に埋める方法を何度か紹介してきました。

今後はこのような意味のないテクニックを、二度と紹介しないことを誓います。

あわせて読みたい

Image: Pfeiffer/Shutterstock.com

Source: Medium, iFixit

David Murphy - Lifehacker US[原文]

lifehacker

「水没」をもっと詳しく

「水没」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ