SSOボタン公開前のAppleにOpenIDへの参加呼びかけ

7月2日(火)11時45分 マイナビニュース

OpenID Foundationは6月27日(米国時間)、「Open Letter from the OpenID Foundation to Apple Regarding Sign In with Apple|OpenID」において、公開書簡を提示し、Appleに対してOpenID Foundationへの参加を呼びかけた。

OpenID Foundationは公開書簡でAppleに対して次の行動を取ることを呼びかけている。

フィードバックに基づいてAppleのサインインとOpenID Connectの間のギャップを解消する
「OpenID Connect Self Certification Test Suite」を使ってAppleサインインとの相互接続性とセキュリティを改善する
AppleサインインとOpenID Connect互換ソフトウェアには相互接続性があることを広く公示する
OpenID Foundationに参加する

Appleは2019年の後半を目処に、Appleのアカウントをシングルサインオンサービスに利用できるようにする計画を発表している。これはGoogleやFacebook、Twitterなどが提供しているシングルサインオンサービスとほとんど同じものだと考えられている。

OpenID FoundationはAppleにOpenID foundationの取り組みに参加するとともに、ほかのサービスと同じようにOpenID Connectと互換性があることを明確にして、ユーザーを混乱させることのないよう呼びかけている。

マイナビニュース

「Apple」をもっと詳しく

「Apple」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ