Baiduが29倍に急増 - 6月ブラウザシェア

7月2日(火)9時15分 マイナビニュース

Net Applicationsから2019年6月のデスクトップブラウザのシェアが発表された。2019年6月はEdge、Safari、Baiduがシェアを増やし、Chrome、Firefox、Internet Explorerがシェアを減らした。

これまで右肩上がりで成長してきたChromeだが、この1年間横ばいの傾向を見せている。デスクトップ向けWebブラウザとしてのChromeのシェアは頭打ちを迎えつつあるように見える。

一方、2019年6月はBaiduのシェアが一気に増えた点が注目される。Baiduのシェアはこれまで0.1%前後を推移してきた。2019年6月には2.3%と一気に約29倍ほど増えている。急増の理由はわからず、今後どのように推移していくのかが注目される。

マイナビニュース

「シェア」をもっと詳しく

「シェア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ