日立、茨城県日立市に「日立オリジンパーク」(仮称)を開設

7月3日(水)14時55分 マイナビニュース

日立製作所は7月3日、「日立オリジンパーク」(仮称)を、2021年度上半期中に、創業の地である茨城県日立市に開設すると発表した。

日立オリジンパークは、同社が1910年の創業以来伝承してきた企業理念や創業の精神を、世界中の人々と社会課題を解決してきた事例とともに紹介する施設。

日立オリジンパークは、「創業小屋」「小平記念館」、改修を行う「大みかクラブ」と「大みかゴルフクラブ」の4つの施設から構成され、新旧3つの建物が広場を取り囲む一体感のある自然と調和した施設にする予定。

日立の福利厚生施設である「大みかクラブ」の敷地内に、日立事業所海岸工場構内から「創業小屋」を移設し、展示施設として「小平(おだいら)記念館」を新たに建設し、地域の住民や世界中のビジネスパートナーとの新たな対話の場として開設する。

多言語対応に加え、館内外の設備には先端のデジタル技術を用い展示や演出を工夫するほか、AIなどを用いて多様な視点で来場者のニーズに応える仕掛けを検討している。

「小平記念館」にはイベントなどに利用可能な多目的ホールを設け、小中学生の校外活動や、各種セミナー、日立事業所から発祥した地域のスポーツ「パンポン」を紹介する機会などを設ける。

マイナビニュース

「日立」をもっと詳しく

「日立」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ