電球が宙に浮く不思議な卓上ランプ「Levia」がキャンペーンを開始

7月7日(日)21時45分 GIZMODO


20190704-levia01
Image: machi-ya

ライフハッカー[日本版]より転載:

遊び心のある卓上ランプをお探しなら、オシャレなデザインで定評のあるイタリアで生まれた卓上ランプ「Levia(レビア)」はいかがでしょうか。シンプルでレトロなデザインと、LED電球が空中に浮いた状態で点灯して宙に浮かんだまま光り続けるテクノロジーが融合した不思議なランプです。

電球が宙に浮いたまま点灯する卓上ランプ「Levia」とは
20190704-levia02
Image: machi-ya

「Levia(レビア)」の使い方は超シンプル。LED電球を手で持って支柱先端のソケット部分に近づけていくと、磁力が電球をとらえて点灯し、手を放しても電球はそのまま宙に浮き続けます。電球はバッテリーを内蔵しておらず、電磁誘導で本体から電力供給を受けて光を放つ仕組みです。

電源が切れても落下しない電球
20190704-levia03
Image: machi-ya

台座にはタッチセンサー式のボタンがあり、電源のONとOFFの切り替えが可能。電源をOFFにするとLED電球は消灯しますが、落下せず宙に浮いたままです。電球が何らかの衝撃を受けてソケットの真下にある定位置からずれると、自動的にソケットに吸着します。また、突然プラグが抜けても、電球は上部のソケットに磁力でぴたっと吸着して落下しません。

台座は本物の高品質大理石「Levia」の台座は高級感のある本物の大理石で、イタリアの職人が伝統的な技術を駆使して手作業で仕上げています。


20190704-levia04
Image: machi-ya

白い台座は、大理石の産地として知られるイタリアのカッラ—ラで採掘された高品質の大理石。


20190704-levia05
Image: machi-ya

黒い台座は、スペイン北部のバスク地方にあるマルキナで採掘された黒大理石。マルキナの大理石の品質は国際的にも高い評価を得ています。

長持ちして目に優しいLEDフィラメント電球
20190704-levia06
Image: machi-ya

「Lavia」の消費電力は約3W。レトロなデザインのLEDフィラメント電球は点灯時間約5万時間で毎日8時間点灯させても17年間使えます。また、光の明るさは100ルーメン、色温度は2700Kで、温かく安らぎのある空間を演出します。

カラーバリエーション
20190704-levia07
Image: machi-ya

「Lavia」はホワイトカラーラ(左)とブラックマルキナ(右)の2色から選択できます。「Lavia(レビア)」は、クラウドファンディングサイト「machi-ya(マチヤ)」にて、ホワイトカラーラが37%オフの17351円(税・送料込)から支援可能となっています。商品の詳細は下のリンクからチェックしてみてください。

>>「Lavia」の支援はこちらから

Source: machi-ya

GIZMODO

「不思議」をもっと詳しく

「不思議」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ