Wink鈴木早智子、3年間介護職に従事していた 業界の窮状と自身の今後を明かす「エンタメ融合が理想」

2024年7月8日(月)17時3分 ねとらぼ

介護現場での鈴木早智子さん(画像は鈴木早智子公式Instagramから)

写真を拡大

 活動休止中のアイドルデュオ「Wink」の鈴木早智子さんが7月7日にInstagramを更新。3年間介護職に従事していた経験と業界の窮状を伝え、自らの今後についての考えをつづりました。
●現場はどこも職員不足だったり本当に大変な現状
 鈴木さんは、介護の現状を知り世間に伝えることを目的に介護の現場に飛び込んでから3年が過ぎたことを5月に報告。七夕の日の投稿では、その経験を通じて感じた思いをポエム動画として投稿しています。
 投稿に添えた文章では、「葛藤はたくさんありましたが入居者様通して 色々な事を感じ 想いながら意味深い人生勉強となりました」と報告。詳細は語られていませんが、「入居者」「職員」などのフレーズがあることから、施設で介護職に従事したとみられ、現場は「どこも職員不足だったり 本当に大変な現状」だと伝えています。
 厳しい環境で介護職に従事する人たちに向けては、ねぎらいと感謝の言葉をつづった他、「安心と笑顔溢れる空間 そんな環境を提供できるよう祈っています」とつづりました。
 その上で、自身の今後については、「暫くは……この経験を生かしながら 福祉全般 チームとしてさまざまな方面で生かしていきたく思ってます」と少し視野を広げた“福祉”全般に自分を含めたチームとして携わっていく考えを吐露。「エンタメ融合が理想ですネ」「私の人生の原点である唄への想いを胸におきながら」と、自らが築いてきたキャリアも生かした展開を図りたいと思いをつづりました。
 鈴木さんは相田翔子さんとともに「Wink」として1988年にデビュー。Winkはその後1996年から活動停止中ですが、2人がそろって歌を披露することもこれまでに何度かありました。

ねとらぼ

「鈴木早智子」をもっと詳しく

タグ

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ