撮影した空間のサイズを瞬時に測定! スマホに付けるレーザーメジャー「iPin Pro」のキャーンペーン開始

7月9日(火)23時0分 lifehacker

引っ越しの際には、新しい部屋の大きさを測り、そのサイズに合わせた家具を揃えます。

そんなとき部屋が大きかったり、ひとりで測るとなると、メジャーだけでは一苦労ですよね。

machi-yaでキャンペーンが開始された「iPin Pro」は、スマホに装着するだけで瞬時に3D測量ができるようになる優れもの。単体で使えば距離を測るレーザーツールにもなります。

建設現場などでも大活躍するアイテムなので、早速チェックしましょう!

測定したい空間をスマホカメラで撮影するだけ
トップ-1

Image: machi-ya
まず、スマートフォンの裏側にiPin Proを取り付け、iPinアプリをオンにします。測定したい対象にカメラを向けて撮影すると、「iPin Pro」が放つレーザー光の反射具合を計算し距離を瞬時に測定します。


指先

Image: machi-ya

結果

Image: machi-ya
指先で幅、高さ、奥行きを調整すると、その部分のサイズが分かります。

天井などの高い場所、計測が困難な角の採寸もラクラクです。

40メートルまで簡単測定
距離

Image: machi-ya

単体

Image: machi-ya
「iPin Pro」を単体で使えば、距離を測るレーザーツールとしても活躍します。射程距離は40メートルなので、ひとりでメジャーを使ってでは到底測れない距離もOK。

測定誤差はわずか3mm程度。下手に人間が測るよりもミスが少ないかもしれません。

計測から共有までがスムーズ
シェア

Image: machi-ya
計測したデータはアプリで保存することができます。メジャーで測った記録をメモに取るという手間が一切なくなります。

データをLINEやメールで送信することもできるので、情報のシェアも簡単です。

計測に必要な道具はスマホと「iPin Pro」だけ。一度使うとメジャーには戻れないかも。

「iPin Pro」は、現在クラウドファンディングサイトmachi-yaにて、限定150個が32%OFFの10,800円からオーダー可能です(送料込)。

詳細は以下のリンクからチェックしてみてください。

>>「iPin Pro」のオーダーはこちらから

Image: machi-ya

Source: machi-ya, YouTube

lifehacker

「サイズ」をもっと詳しく

「サイズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ