Debian GNU/Hurd 2019公開 - LLVMに対応

7月9日(火)8時51分 マイナビニュース

Debian GHU/Hurdチームは7月7日(東ヨーロッパ時間)、「Debian GNU/Hurd 2019 released!」において、Debian GNU/Hurdの最新版となる「Debian GNU/Hurd」の公開を伝えた。

このバージョンはDebian "stretch"リリース(2019年7月)時点におけるDebian "sid"スナップショットをベースに開発されている。このリリースはDebianリリースとしては公式のものではないが、Debian GNU/Hurdポートリリースとしては公式なものだとされている。

Debian GNU/Hurd 2019の主な特徴は次のとおり。

ACPIトランスレータの導入(現時点ではシステムのシャットダウンのみに使われている)
オプションとしてLwIP TCP/IPスタックを導入
PCIアービターを導入。細かいハードウェアアクセス制御が可能になるほか、PCIアクセスの適切な管理が可能
LLVMサポートの導入
新しい最適化の導入(保護されたペイロード、より優れたページング管理とメッセージディスパッチ、gsync同期処理など)

インストールISOイメージはダウンロードページからダウンロード可能。または、「Debian GNU/Hurd Configuration」の内容に従い仮想環境イメージを取得して利用することもできる。

マイナビニュース

「ヨーロッパ」をもっと詳しく

「ヨーロッパ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ