夏の節電に! 紫外線・日差しをカットして冷房を効きやすくする「遮熱クールネット」

7月10日(水)11時45分 GIZMODO


20190620_4_450
Image: Amazon.co.jp

ライフハッカー[日本版]からの転載

「冷房の効きが悪いな…」と思ったことはありませんか?

ホコリが溜まってしまったり、機械自体が古くなってしまったという場合もありますが、理由がよくわからない場合は、日差しが原因かもしれません。

特に日中、日が当たりやすい南側の部屋だと、熱がたまってしまい冷房が効きづらくなってしまうことは良く耳にします。効きが悪いからと冷房の温度を下げたり風量を強め、電気代が高額になってしまうのは避けたいところですよね。

では、どうすれば日差しや熱を遮れるのでしょうか?

Image: Amazon.co.jp その答えのひとつが、断熱シートなどを貼ること。例えば、「遮熱クールネット」は、窓ガラスや網戸の枠に貼り付けるだけで、マイナス7度の遮熱効果が期待できるというアイテムです。シートは網目状になっており、太陽の光を遮断。網戸の枠に貼って窓を開けるときは、外の風は室内へ送ってくれます。

また、UVカット効果もあるので、お肌の紫外線防止はもちろん、家具の色褪せを防ぐことも。

Image: Amazon.co.jp さらに、外から室内が見られないようにするミラー機能も搭載。遮熱や紫外線をカットしてくれる上に覗き見防止にもなるなんて、頼もしいですね。

Image: Amazon.co.jp 自宅の窓や網戸の枠に合わせてカットすることができ、取り付けはマジックテープで貼り付けるだけ。

遮熱クールネットは1つで2枚セットです。

これなら、冷房の効きも良くなるし、電気代の節約にもなりそうですね!

なお、以下の表示価格は執筆現在のもの。変更の可能性もありますので販売ページをご確認ください。


遮熱クールネット 2枚入り

遮熱クールネット 2枚入り

6,480円


購入



Source: Amazon.co.jp

GIZMODO

「冷房」をもっと詳しく

「冷房」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ