属性や連想キーワードに合わせて広告配信!クラウド広告運用ツール「Shirofune」に新機能

7月11日(水)14時16分 MarkeZine

 Shirofuneは、クラウド広告運用ツール「Shirofune」のディスプレイ広告の新規出稿・運用管理機能において、従来のリターゲティング広告機能に加え、年齢や性別、行動や関心などから自動でターゲットを選定し、広告を配信する「ブロードターゲティング広告機能」を拡充した。

 これにより「Shirofune」では、利用者が配信したい属性を連想するキーワードやURLを入力するだけで、独自アルゴリズムが自動的に最適なカテゴリーの選定や、リスト作成、広告配信設定までを一括で行う。ターゲティング毎にクリエイティブを設定できるため、利用者は広告情報の潜在層や非認知層に対し、これまで以上にオペレーションレスで効果的なアプローチが可能になった。
ターゲティングの種類を選択 配信したいターゲットにあわせたキーワード・URLを入力

MarkeZine

「広告」をもっと詳しく

「広告」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ