ゲオの2018年上半期中古スマホランキング 販売/買取ともにiPhoneが独占

7月13日(金)18時30分 ITmedia Mobile

中古スマホ販売ランキング

写真を拡大

 ゲオは、7月13日に全国のゲオショップ1200店で取り扱った中古スマートフォンのデータを発表した。集計期間は2018年1月1日〜6月30日。
 中古スマートフォンの販売台数と買い取り台数の総合ランキングは、それぞれトップ10をiPhoneが独占。販売台数1位は2014年9月発売の「iPhone 6(au)」、買い取台り数1位も「iPhone 6(ソフトバンク)」だった。特に販売台数はUQmobileの新規契約とのセット販売が好調だったことが要因となった。また、販売・買い取りともに各キャリアの「iPhone 6」「iPhone 6s」「iPhone 5s」がランクインし、人気の高さが伺えた。
 中古SIMロックフリースマートフォンの販売台数トップはZTEの「Blade V7Lite」、買い取り台数のトップは「iPhone X」。格安SIMと中古スマートフォンのセット販売トップは「iPhone 6(16GB)×UQ mobile」で、トップ10位以内に64GBのiPhoneが7機種ランクインしており大容量を選ぶユーザーが増加傾向にある。
 アクセサリー販売数量ランキングのトップは、クールモバイルの「マイクロ&ライトニング両面挿しケーブル CAGE-01W」。中古スマートフォンの販売台数ランキングに比例してiPhoneのLightningケーブルが1位となり、2位のVR3Dメガネ「VRG01/スマホ用3D グラス」は、VR対応動画の増加から売り上げを伸ばした。

ITmedia Mobile

「iPhone」をもっと詳しく

「iPhone」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ