UQ mobileとBIGLOBE SIMも豪雨被災者に「データ容量10GB」付与

7月13日(金)18時0分 ITmedia Mobile

UQコミュニケーションズのニュースリリース

写真を拡大

 UQコミュニケーションズとビッグローブは7月13日、「平成30年7月豪雨」の被災者支援の一環として、災害救助法が適用された地域のMVNOサービスのユーザーにデータ通信容量のチャージ(追加)を10GBまで無償とする措置を実施することを発表した。
●UQ mobile(UQコミュニケーションズ)における措置
 UQ mobileでは、災害救助法適用地域に「契約者住所」または「請求書送付先住所」があるユーザーを対象に、7月利用分のデータチャージ料金を最大で1万円(税別)割り引く。
 ユーザーはデータチャージを自ら実行する必要がある。500MBのデータチャージを20回購入すると、割引が最大限適用される。
●BIGLOBE SIM(ビッグローブ)における措置
 BIGLOBE SIMでは、災害救助法適用地域に「契約者住所」があるユーザーを対象に、10GB分の「ボリュームチャージ」を7月17日から7月20日にかけて順次無償で付与する。また、対象ユーザーが7月に実施したボリュームチャージについても料金を無料とする。
 無償付与されたボリュームチャージは、通常のものと同様に期限なく好きなタイミングで利用できる。
 ただし、以下の通り注意点もある。
対象外プランユーザー
 以下のプランを利用しているユーザーは、今回の措置の対象外となる。
・ライトSSプラン
・低速プラン
・上り高速プラン
ボリュームチャージ容量が残っている場合
 7月17日現在でボリュームチャージの容量が残っている場合、対象ユーザーであってもボリュームチャージが自動付与されない。
 ただし、残容量を使い切れば、8月31日までボリュームチャージを最大10GB分まで無償で購入できる。
●災害救助法適用地域
 災害救助法の適用対象地域は、内閣府の「防災情報のページ」から確認できる。

ITmedia Mobile

「豪雨」をもっと詳しく

「豪雨」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ