「職員ブラボー」──西日本豪雨被害、東広島市が公開した道路通行止め情報に称賛の声 「Googleマップ」活用で 担当者に聞いた

7月13日(金)16時15分 ITmedia NEWS

東広島市が公開した「東広島市道路情報」(グーグルマップ版)

写真を拡大

 「職員にこういう情報の出し方をできる人がいる、これだけで分かる」──広島県東広島市のとある取り組みに対し、ネット上で称賛の声が上がっている。西日本を中心とした豪雨被害で交通網が寸断され、国土交通省や被害を受けた各市町村が道路通行止め情報を画像やPDFファイルで公開する中、東広島市は7月9日、Googleマップの「マイマップ」機能を活用した道路通行止め情報を公開した。
 東広島市は今回の豪雨被害を受け、市のWebサイトで道路の通行止め情報をPDFファイルで公開。さらに「東広島市道路情報(グーグルマップ版)」というリンクを設置した。これを開くとWebブラウザやアプリでGoogleマップが開き、通行止め、片側通行といった情報が地図に重ねて表示される。
 これはGoogleマップ上でオリジナルの地図が作れる「マイマップ」機能を使ったもの。地図上の好きな場所に任意のアイコンや説明文などを示せる他、経路を作ったり、作った地図の情報が含まれるCSVファイルをURLで簡単に共有できたりするのが特徴だ。
 Googleアカウントを持っていれば誰でも作ることができ、見るだけならアカウントは必要ない。
 道路通行止め情報の公開にGoogleマップを活用するメリットとして、「ユーザーの持つデバイスの画面解像度に自動で合わせて表示できる」「拡大縮小がしやすい」「現在地表示やナビ機能と連携できる」「管理者が情報を更新しやすい」などが挙げられる。
 画像ではなく、文字情報が付加された情報を共有することで「目が見えない人が(デバイス側の)読み上げ機能を使える」と評価する人もいる。
 これを見たユーザーは、「直感的、分かりやすい。素晴らしい」「他の自治体でもぜひ取り入れてほしい」「道路情報に限らずいろんな活用法がありそう」「職員ブラボー」とコメントしている。
 他の自治体にもこのやり方を共有したいという思いから、Googleマップで道路情報の作り方を解説するブログ記事を公開したユーザーも現れた。
 この出来事をTwitterで紹介したNyohoさんは、「こういった外部サービスの活用を避ける傾向にある行政が多い」と指摘する。東広島市はなぜ柔軟な対応ができたのか。
 東広島市役所の酒井さん(政策企画部情報政策課)はITmedia NEWSの取材に対し、きっかけを次のように説明する。
 「当初、PDFファイルで情報を公開していましたが、実際の通行止め地点が明確に分からず、『どこを通れるのか分からない』という問い合わせを多くいただきました。少しでも市民の方々に『使える』と思ってもらえるような情報を提供する手段を考えたとき、簡単に地図の作成や公開ができて、ユーザーにもなじみのあるGoogleマップを使うことにしました」(酒井さん)
 Googleマップ版を含む道路通行止め情報は、主要道路が復旧するまで更新する予定。道路通行止め情報の元データを作成しているのは、同市の防災準備班職員(建設部・都市部 主に建設管理課)で、データの加工やGoogleマップへの反映は広報班職員(情報政策課)が担った。
 同市は、普段から市役所の各部署が持つさまざまな地図データを相互利用できる庁内統合型の地理情報システム(GIS:Geographic Information System)を使っている。そうしたノウハウを蓄積していたことも、今回の柔軟な対応につながった。担当班が主体となって何ができるかを協議し、道路情報の公開に至ったという。
 これまで同市がGoogleマップを活用したのは、Webサイト上で位置情報を示すような利用のみ。今回のようなコンテンツの主たる手段としての利用は初めてだ。行政がこういった外部サービスを利用することについて、酒井さんは「制限するべきでない」と話す。
 「利用者が最も求めている形態が外部サービス利用により実現できるならば、利用を制限すべきではないと考えます。ただし、取り扱う情報の種類によってはセキュリティなどについて検討は必要です」(酒井さん)
 今回のような災害で、現地調査や国道、県道の通行止め情報をもとに道路情報をオンラインに随時反映する作業は時間がかかるという。東広島市の取り組みは、情報公開手段の好例となりそうだ。

ITmedia NEWS

「西日本豪雨」をもっと詳しく

「西日本豪雨」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ