「X-ファイル」は景気が「疲れている」ときに流行るドラマ オカルト研究家・山口敏太郎が語る新「X-ファイル2018」の魅力

7月13日(金)21時0分 ねとらぼ

山口敏太郎さん。傍らには世界的な友愛団体「フリーメイソン」の手帳

写真を拡大

 SFサスペンスドラマ「X-ファイル」の最新作「X-ファイル2018」の日本上陸を記念して、オカルト研究家で作家の山口敏太郎さんに「X-ファイル」シリーズの魅力を聞きました。インタビューでは山口さんの考える“宇宙人の真の正体”や、自身が幼少期に遭遇したという“銀色の巨人”についても語ってくれました。真実はこれまでよりも近くに……!
 「X-ファイル」は1993年から放送されているアメリカのSFテレビドラマで、主人公のフォックス・モルダー(デイヴィッド・ドゥカヴニー)と、相棒のダナ・スカリー(ジリアン・アンダーソン)が超常的な事件に挑むという作品。長い沈黙を破って2016年に放送された「X-ファイル2016」の続編が今作「X-ファイル2018」です(日本では、7月4日先行デジタル配信中、7月18日セル/レンタルリリース予定)。
 ねとらぼ編集部ではそんな「X-ファイル」シリーズのファンであり、超常現象に詳しい山口敏太郎さんにお話を伺いました。
●夢見がちなモルダーと現地実的なスカリー、立場が一転する瞬間
——いきなりで恐縮なのですが、山口さんめちゃくちゃお痩せになりましたね……!
山口:よく言われます(笑)。ぽっちゃりしていたので、こんにゃく米などを使った糖質ダイエットとウォーキングを組み合わせたら16キロ痩せました。超常現象の話をしても「山口さんが痩せた方に目が行っちゃうよ」といわれることもあります。研究体質なので、「やるぞ」と決めたらとことんやりこむタイプなんですよね。
——すごいです。私も気になって思わず食いついてしまいました(笑)。早速ですが、「X-ファイル」シリーズとの出会いについて教えてください。
山口:もともと超常現象やUFOなどの分野が好きだったので、知人に「面白いよ」と勧められて見たのが出会いです。シリーズを通して「安心の定番」として見ていられる作品だと思っています。
——「X-ファイル2018」をご覧になっての感想は。
山口:前作「X-ファイル2016」では、「トカゲ男の憂鬱」など、シリーズ特有のクスッと笑えるエピソードも健在でしたが、正直にいうとモルダーとスカリーに多少の疲れを感じたんです。それに比べて今回はエンジンが本格的にかかっている感じ。機械などの“現代風の怖さ”と呪術などの“古くからある恐怖”をうまく調合したなと感じました。
——モルダーとスカリー、2人のキャラクターについてどのように分析されていますか。
山口:シリーズ全体を通してモルダーは夢見がち、スカリーは現実的、という風に描かれてきました。ところが二人の息子、ウィリアムが絡むとその立場が逆転するところが僕は面白いと思っています。これって男はファンタジックな脳を持っていても子どもに対してはドライ、女性は母性本能があるので子ども対して感情的になるという、「男女の脳の違い」部分をうまく描いていると思うんですよ。そういった部分で今作は「人間って面白いなぁ」と感じさせる描写が随所にちりばめられていたのが良かったです。
——山口さん自身はモルダー派ですか、スカリー派ですか。
山口:僕がテレビや書籍などで発言してきた内容というのはスカリーに近いのですが、実は完全にモルダー派です。これまで僕が調査してきたことというのは、基本的に信じたいからやっているんですね。否定ありきではなく、本物を見つけたいというか。「どこかに本当のことがあるだろう」と探求をしてきました。すると、否定しても否定しきれない現象というのにぶち当たることがあるんです。感覚としては解けない夏休みの宿題をずーっとやっている感じでしょうか。幽霊も、宇宙人も、妖怪も、UMAも全て実在すると思っていますが、ウソの情報も多いので、それを排除しながら真相に迫るのが僕の仕事だと思っています。
——モルダー脳でありながら、スカリー的な見方もするということですね。
山口:そうですね。実はモルダー、スカリーと同じことをやっている人というのは日本にはあんまりいないんです。UMA研究家とか、UFOの専門家、都市伝説愛好家という、ジャンルごとの専門家はいるのですが、オールジャンルをカバーしているのは僕だけかもしれません。その結果として、本を170冊も出したり、テレビやラジオに呼んでいただいたりしているのは本当にありがたいことです。ただ最近は若手のオカルト研究家たちから、ベテランと呼ばれるようになってきて、「Xファイル」でも次第にモルダーが“伝説の捜査員”みたいに呼ばれるようになってきたのを見ると、「彼もベテランと呼ばれるようになったんだな」と思います。
——シリーズを通して好きなエピソードはありますか。
山口:やっぱり宇宙人が出てくる話は好きですね。子どもがUFOにさらわれるという展開は定番ですが、その定番がなぜ廃れてきたのかという皮肉的な描写も出てくるところなどが興味深いです。
●宇宙人の正体は未来人
——そもそも宇宙人って何者なのでしょうか。
山口:地球に来ている宇宙人は基本的に生物学者でしょうね。地球にもジャングルの中にいる動物を研究しに行く生物学者がいるじゃないですか。あの感覚で発信器を付けたり、ちょっとした教育を施してから、群れに戻してみてその成果をはかっているのではないかと考えています。
——つまり、人類を研究対象として見ているということですね。
山口:そう見るのが自然ですが、僕は未来人が宇宙人であるとも考えているんです。というのも、血縁関係がなければ頻繁にやってこないでしょうし、イベントごとでよくUFOが目撃されるのは、正確な年表や教科書のようなものを作ろうとしているからではないかと思っているんです。
——大胆な仮説ですが面白いですね。山口さん自身は不思議な体験をしたことはあるのでしょうか。
山口:あります。僕は徳島県出身なのですが、幼いころに眉山にある神社で弟と、はとこと一緒に遊んでいたんです。そうしたら鳥居のところに突然2メートルぐらいの銀色の人が出現して。見た目は、とんねるずさんがやっていた、「モジモジくん」みたいな感じなんですけど、金属の箱を片手にずんずんとこちらに寄ってきたんです。でもそのあとなぜか急に記憶が飛んでいて……気づいたときには祖父母の家への帰り道でした。僕はこれを長年、子どものころにありがちな「夢を記憶とすり替えてしまう」という現象だと思っていたのですが、あるとき弟が「神社で銀色の巨人を見たことがあるよね」という話をしてきたんです。それを聞いたときに、銀色の人がこっちに来たのは僕の模造記憶ではなかったんだ、と思いました。でも確かめるのは怖くて、はとこに「覚えてる?」とはまだ聞けていません。
●仕事が雑な宇宙人がいる
——記憶が飛んでいるというところが怖いですね……。宇宙人との接近遭遇では記憶の欠如というのがしばしば聞かれますよね。
山口:僕もかなり調査をやっていますが、仕事が雑な宇宙人にあたると、さらわれた日時と少しずれた日時に戻されるケースがあるようです。
——仕事が雑な宇宙人の話をもう少し詳しく教えてください。
山口:僕の友人、中津川昴は昆虫のような宇宙人にさらわれたという記憶を持っているんです。宇宙人の見た目はカマキリのような感じらしいんですが、中津川は卵のようなところに押し込められて、何らかの教育を施されて戻されたと話していました。実はこれと全く同じ話をWeb番組の企画に登場した「記憶を失ったイギリス人」の方がしたことがありました。その方の場合、ある日の記憶が抜け落ちていて、退行催眠によって、カマキリに似た宇宙人に誘拐されたということが分かったんです。通常宇宙人は誘拐した時間にさかのぼって対象者を返すのですが、仕事が雑だと日時を間違えてしまうんでしょうね。でも何といっても怖いのは、中津川とこのイギリス人には全く面識がなくて、情報交換できない状態なのに同じ話をしたということです。こういう説明のつかないことが往々にしてあるので、僕も研究を続けているんですよ。
——最後に一言お願いします。
山口:僕は「X-ファイル」は景気が悪くなったときに流行るドラマだと思っています。ちょっとみんなが現実に疲れているんじゃないかな、っていうときにブームが来るというか。世界情勢と連動している作品でもあると思っているので、ファンとして今後どのような展開に進んでいくのか、非常に楽しみです。

ねとらぼ

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ