新型iPhoneとiPadらしきモデル番号が見つかる

7月14日(土)10時0分 GIZMODO


180714_iphone_and_ipad_model_number
Image: Apple

もう財布がもちません。

先日は突然のMacBook Pro 2018年モデルの登場に驚かされましたが、Apple(アップル)の新製品ラッシュはこれに終わらないかもしれません。これまで噂されてきた、新型iPhoneと新型iPadらしきモデル番号が海外のデータベースに登録されました。いよいよ、その登場が近づいています!

そろそろ発表の合図、ことEAEUに登録今回見つかったモデル番号は、ユーラシア経済連合(EAEU)のデータベースに登録されたものです。このデータベースには、過去になんども未発表のApple製品が登録されてきました。先日のMacBook Pro 2018年モデルも、7月上旬にEAEUからモデル番号が見つかっており、このとおりバッチリ発表されました。

EAEUのデータベースに登録されるのは、発表が近いという指標になっているのです。

iPhoneは過去に登録された番号を再登録iPhoneのものと見られているモデルナンバーは、「A1920、A1921、A1984、A2097、A2098、A2099、A2101、A2103、A2104、A2105、A2106」の11個。どれも、今年秋に発売される新型iPhoneだと見られており、A19、A20、A21の3モデルが存在することがうかがえます。今まで散々報じられてきた「今年のiPhoneは3モデル構成になる」という情報と一致します。

なお、これらのモデルナンバーは今年4月に「iOS 11」が動作するとして一度登録されていました。しかし今回は、同じモデルナンバーで「iOS 12」が動作すると報告されています。いよいよ秋の発売に向けて、登録をやり直したと考えられます。

むしろこっちが大切、新型iPad Proさらに、今回は新たに新型iPadとみられる2つの新モデルナンバー「A1895、A1980」が登場しています。今年7月にはEAEUから、5つの新型iPadらしきモデル番号(A1876、A2013、A1934、A1979、A2014)が見つかっていますが、その関連性は不明。

しかし最近は、新型iPad Proが発表される見込みであることから、このモデル番号のいずれかは新型iPad Proのものと見てよいでしょう。

また、今回の2つの番号と前回の5つの番号はすべてiSO 11が動作すると記載。iOS 12ではない理由として考えられるのは、新型iPad ProはFace IDやベゼルレスディスプレイを搭載する可能性があるため、iOS 12を新しいiPad Proへ最適化するのに時間がかかっていることも考えられます。

iPhone、iPad、同時投入もなくはないさて最後に気になるのは、新型iPhoneと新型iPadがいつ投入されるのかです。新型iPhoneはおそらく例年通りに9月に発表されるでしょうが、今回iPadが同時に登録されたことを考えると、新型iPhoneと新型iPadが9月に投入される可能性もなきにしもあらず…? 秋のイベントが楽しみになってきました。


Image: Apple
Source: 9to5Mac, Apple Insider

(塚本直樹)

GIZMODO

「iPhone」をもっと詳しく

「iPhone」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ