「気に入らなかったらコメント書かないよ」 漫画家・久保帯人、直筆で「BLEACH」実写映画化への思いを明かす

7月14日(土)13時43分 ねとらぼ

7月20日公開の映画「BLEACH」(C)久保帯人/集英社 (C)2018映画「BLEACH」製作委員会

写真を拡大

 漫画『BLEACH』などで知られる漫画家の久保帯人さんが7月14日、同作の実写映画化についてTwitterで直筆のコメントを発表しました。
 同作は、霊が見える高校生の黒崎一護が死神の力を与えられ、虚(ホロウ)と呼ばれる悪霊と戦う物語。2017年に映画「GANTZ」や「アイアムアヒーロー」などで知られる佐藤信介さんを監督に、俳優の福士蒼汰さん主演で実写映画化されることが発表され話題を呼んでいました。
 同作の実写化について、「佐藤監督が実写として原作のどこを使ってどこを削るのか見てみたい」「映画の話を頂いた時が丁度連載終盤のストーリーを固めている最中で、時間的に映画にガッツリ関わる余裕が無かった」との2つの理由から映画に大きく関わっていないとした久保さん。代わりに、「キャラクター同士の距離と関係性を原作から変えないこと」「キャラクターの感情と行動に齟齬をきたさないこと」という2つの要望を伝えていたことを明かしました。
 当初、完成品を見るまでは「気に入らなかったらコメント書かないよ」としていたそうですが、「結果として良いものに仕上げて頂いたと思います」と納得のいく仕上がりに。 映画としてまとまりやすくなるよう、伏線を張り替えるなど原作と異なる点はあるとのことですが、バトルシーンをうまく繋げ、ストーリーとうまく絡めたことによって、「スピードとスケール感のあるアクションは、日本映画として新しいレベルに到達しています」と称賛しつつ、「コメント書けてよかった。どんなものか、是非観に行って確かめて下さい」と呼びかけています。

ねとらぼ

「実写映画化」をもっと詳しく

「実写映画化」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ