6100万画素、4K100Mbps時代に呼応する、ソニーの「世界最速多目的USBハブ」

7月18日(木)12時0分 GIZMODO


wf_sct01_img_01

Image: Sony
プロ仕様USBハブという甘美なスタンスに、ぼかぁ...。

64GBや128GBを使い切るくらい撮っても録っても大丈夫! ソニーのUHS-II/USB 3.1 Gen 2対応USBハブ兼SDカードリーダー「MRW-S3」を使えば、SD/microSDカードは300MB/s、USB経由なら最速1,000MB/sというスピードでRAWもMOVもなんでもPCに転送できますから!

いままでにもスピード★スターなUSBハブやカードリーダーはありましたが、アピールしている転送速度はUSBの公称速度そのもので「んなこたないでしょ」とツッコミたくなるものが多かったんです。だから、これまた公称値ではありますが、使い方による最高転送速度の違いを記してきた「MRW-S3」には期待しかないんです。


wf_sct03_img_02

Image: Sony
頑丈な波型デザインのアルミケースを使い、各ポートも余裕をもった配置となっているあたり、マジにいいモノ感がにじみ出ています。100WのUSB PDに対応する充電専用ポートがあるというのも好印象材料じゃないですか。

フォトグラファー、ビデオグラファーをターゲットとしたアイテムで、撮影後にパソコンへデータ転送するときの時間を短縮してくれるアイテムとなりそう。4K対応のHDMIポートもあるから、液晶テレビ/モニタなどの大画面で撮影結果を確認したいという要求にも応えられますね。

海外での登場は2019年第3四半期とのことですが、価格は不明。日本で販売するかどうかも不明。なにとぞなにとぞ。もし出してくれなかったら個人輸入しちゃうからな!

Source: Sony

GIZMODO

「USB」をもっと詳しく

「USB」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ