楽譜を撮って瞬時に演奏 恐るべきiPhoneアプリ

7月21日(木)11時45分 J-CASTニュース

すごい技術

写真を拡大

   河合楽器製作所は、楽譜にカメラを向けるだけで五線や音符を瞬時に認識し、音を鳴らせるiPhoneアプリ「楽譜カメラ」を2011年7月22日に、App Storeにてダウンロード販売する。



   印刷楽譜はもちろん、手書き風楽譜や、多少の明暗や色むら、湾曲、シワ、歪みのある楽譜でも認識できる。認識したデータは、ワンタッチで保存可能。



   演奏方法は、画面上のタップボタンでリズムを刻んでいく「タップ演奏」と、画面上で指を左右にすべらせていく「なぞり演奏」の2モードがあり、一音一音確認したり、特定の音だけを何度も繰り返したりできる。



   音の移調や基準ピッチの変更、和音から単音だけを認識するといった機能もあり、合唱での音取り練習やブラスバンドなどの楽器練習で力を発揮しそうだ。



   価格は350円。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

「iPhone」をもっと詳しく

「iPhone」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ