コーナンPay、不正ログインで「サービス一時停止」 不正利用は「確認されていない」

7月24日(水)17時19分 J-CASTニュース

コーナンPay公式サイトより

写真を拡大

ホームセンターのコーナン商事(本社・大阪府堺市)が手がけるスマホ決済サービス「コーナンPay」で不正ログインが確認されたため、サービスが一時停止となった。

チャージ額の不正利用は確認できていないというが、同社は「ご不便・ご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます」と謝罪した。


SNSで困惑の声続出




コーナンPayをめぐっては、2019年7月23日ごろ、アプリをダウンロードしていないにもかかわらず、アカウント発行のためのメールが届いたとの報告がSNS上で相次いでいた。


コーナンは24日昼、J-CASTニュースの取材に「調査中」と答えていたが、その後公式サイトでサービスの一時停止を発表した。


発表によれば、先のメールは登録されていないメールアドレスを使ってログインを試みた際に自動送信されるもので、「身に覚えがないにもかかわらず当該メールが届いている場合、何者かがお客様になりすまし、コーナン Pay アプリにお客様のメールアドレス等を入力し、不正にログインすることを試みたものと考えられます」とする。


実際、「同様の操作により不正にログインがなされたと思われる事案」が確認でき、身に覚えのないメールが届いた際は、速やかに削除するよう要請している。なお、不正ログインされたとみられるアカウントで、チャージ金額の使用は確認されていないという。

J-CASTニュース

「不正」をもっと詳しく

「不正」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ