国内銀行81行「平均年間給与」、第2位は三井住友銀行 - 第1位は?

7月24日(水)17時15分 マイナビニュース

東京商工リサーチは7月24日、国内銀行81行の2019年3月期の平均年間給与(基本給与+賞与・基準外賃金)に関する調査結果を発表した。

これによると、国内銀行81行の2019年3月期の平均給与は609万5000円で、前年同期の607万7000円より1万8000円(0.2%)増加したという。中央値は613万5000円で、前年同期(611万5000円)より2万円上昇。

平均給与のトップは、東京スター銀行(926万6000円)で、2013年3月期以来、6年ぶりにトップに返り咲いたという。これに、三井住友銀行(820万3000円)、あおぞら銀行(803万7000円)が続いている。2015年3月期からトップ3の常連だったスルガ銀行(729万2,000円)は8位にダウンした。

大手行6行のうち3行(前年同期2行)、地方銀行48行のうち24行(同8行)、第二地銀27行のうち19行(同8行)の合計46行(構成比56.7%、前年同期18行)で、平均給与が増加した。

業態別では、大手行が前年同期比2万円増(759万7000円、中央値769万6000円)、第二地銀が同8万円増(554万9000円、同539万1000円)と増加した。一方、地方銀行は同1万8000円減となった(621万4000円、同624万4000円)。

マイナビニュース

「銀行」をもっと詳しく

「銀行」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ