キレイ好きさんに朗報。ステンレスに指紋が付きにくくなるコーティング誕生

7月31日(水)17時0分 GIZMODO


190730_stainless
Image: Fraunhofer IMWS

iPhoneのフレームに採用されたりしないかな。

キレイ好きの私は、家族に「もし私が行方不明になるのなら、おそらく私が台所のステンレス製品から、夢中で指紋と油汚れを拭き取ったあとに旅立つだろう」と告げたことがあります。

サテン仕上げの金属製品を持っている人なら、このツラさをすべてご存知でしょうけれど、ドイツの化学者がついに、指紋や油汚れといった痕跡を肉眼ではほとんど見えないようにするかもしれない、コーティングの解決策を考え出しました。

指紋が溝に入り込むサテン仕上げ毎度毎度、人は何かに触れるたび、指先から薄い脂の層を残します。科学捜査官でもない限りは、そんなこと滅多に気が付きません。ですが鏡やよく磨かれた金属といった現代的な製品が持つ、ツルっとしてピカとした表面なら、指紋に気付きやすいですよね。

サテン仕上げの金属には、表面に浅い溝がたくさん刻まれているので、その隙間に脂分が挟まりやすいのがさらに厄介なところ。そのため、汚れや指紋が目立つだけでなく、拭き取るのもはるかに困難になってしまうのです。

ドイツで開発されたコーティング剤そこでドイツにある研究所Fraunhofer Institute for Microstructure of Materials and Systems(IMWS)の化学者たちが、特殊化学薬品を作るFew Chemicals GmbH社の専門家らと協力し、水と油の両方を弾く粒子を加えた新しいコーティング剤を開発しました。これがサテン仕上げに加工されたステンレス鋼の表面に使われると、コーティング剤の中にある粒子が沈着し、より深い溝と全体的に粗い仕上げを生み出します。

このステンレスを触ったとき、もちろん指からの脂は残りますが、それは溝が隆起した、小さな表面積の部分だけ。油分は溝の底にまでは浸透しないため、拭き取りが楽チンになるのです。

光の屈折率を変える指紋の拭き取りが簡単になるだけが、このコーティングによるトリックではありません。

これを作った化学者たちは、コーティングで光の屈折率を調節して、指紋を構成する皮膚の天然油の屈折率と一致させる方法も発見したのだそうです。屈折率は、光が脂やコーティングといった透明なものを透過する際、どれくらいその光が曲がるのか、という比率です。

ステンレスに付いた指紋や油汚れが目立つのは、その箇所だけステンレスそのものの屈折率と別のものになってしまうから。ですがふたつの屈折率を近づけることで、指紋や油汚れが目立たなくなるのです。

市販は2020年末この新しいコーティング剤の有効性は、Fraunhofer研究所により試験と最適化されました。ですが最終的な製法は2020年末に完成が見込まれており、それからFew Chemicals GmbHが大量生産し、ステンレス製品を作るメーカーに発売する算段となっています。コーティングはそれらの製品を製造する過程で塗布するのか、それとも完成済みの製品を加工するのかは、今のところ定かではありません。

とはいえ、もし皆さんがキレイ好きで指紋を許せないタイプであれば、キッチン周りを改装するのは、このコーティング剤が市販されてからにしたほうが良いかもしれませんね。

Source: Fraunhofer IMWS

GIZMODO

「指紋」をもっと詳しく

「指紋」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ