Androidに新しいランサムウェア、日本も標的の可能性

8月1日(木)6時40分 マイナビニュース

ESETは7月29日(米国時間)、「Android ransomware is back|WeLiveSecurity」において、同社の研究者らがいくつかの変わったトリックを使うAndroid向けの新しいランサムウェアファミリーを発見したと伝えた。

ファイルやディスクを勝手に暗号化し、復号の対価として身代金の払いを要求するマルウェアであるランサムウェアは数年前にサイバー攻撃の猛威となった。Android向けのランサムウェアはこの2年間にわたって減少していたが、今回新たなランサムウェアが発見されたことで、今後攻撃が大規模化するおそれもあるという。

ESETの研究者らはこのランサムウェアを解析した結果、上記のように42言語分のメッセージが含まれており、世界中で攻撃が可能なように工夫されていると指摘。メッセージの中には日本語も含まれており、攻撃対象として日本も含まれていることが示唆されている。

マイナビニュース

「Android」をもっと詳しく

「Android」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ