ドコモ、一部機種でLINEサービスを終了 - プッシュ通知の停止も

8月6日(火)21時14分 マイナビニュース

NTTドコモは5日、同社の一部機種でLINEの提供終了、もしくはプッシュ通知機能の停止を行うと発表した。時期は2019年9月頃を予定する。同社は対象端末のユーザーが引き続きLINEを使いたい場合、機種変更することを勧めている。

LINEサービスの終了については、Android OSでver.7.16.1未満のLINEアプリを搭載する機種を対象に、トークの閲覧・バックアップを含めた全機能の提供を終了する。対象機種は、すでに生産を終了している「らくらくスマートフォン(F-12D)」、スマートフォン for ジュニア2(SH-03F)」など。

プッシュ通知機能の停止については、らくらくスマートフォン2 (F-08E)やAQUOSケータイ (SH-06G)など、以下の8機種が対象となる。

らくらくスマートフォン2 (F-08E)
らくらくスマートフォン3 (F-06F)
ビジネススマートフォン (F-04F)
AQUOSケータイ (SH-06G)
ARROWSケータイ (F-05G)
AQUOSケータイ (SH-01J)
P-smartケータイ (P-01J)
らくらくホン (F-02J)

マイナビニュース

「LINE」をもっと詳しく

「LINE」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ