宇宙からヨーロッパを見たら酷暑の影響が一目瞭然に…

8月12日(日)15時0分 GIZMODO


180813_heatwave
Image: Alexander Gerst/Twitter

か、枯れてる……。

もーホントにとにかく暑いこの夏。酷暑が大変なのは人間だけではありません。それは大自然にも影響が及んでいるんです。

宇宙ステーションから見てみると…そこで欧州宇宙機関(esa)の宇宙飛行士アレクサンダー・ゲルストが、宇宙から中央ヨーロッパとドイツを撮った写真がこちら。どうなっているのかわかりますか?

Just had a chance to take my first photos of dried-out Central Europe and Germany since a few weeks, and was shocked. What should have been green, is now all brown. Never seen it like this before. #Horizons pic.twitter.com/o2XoddPdrM

— Alexander Gerst (@Astro_Alex) 2018年8月6日

本来なら緑色であるべき森が、ホンの2〜3週間で茶色になってしまったことにショックを受けた、とあります。それを見た別のツイッターユーザーが、Googleマップでゲルストが撮った写真と同じ場所を比較してみたら、もっとわかりやすく森が枯れていることがわかりました。

left side: Google maps
right side: Gerst's picture#ISS pic.twitter.com/fm1eCxXPb5

— Grouchig. Der Grummler. (@grouchig) 2018年8月7日

The Washington Postもこれを取り上げており、さらにはゲルストが2014年8月に撮った写真も掲載。4年前は緑の大地が広がっていることがわかります。

Hier zum Vergleich ein paar Fotos von 2014. Krasser Unterschied, mit bloßem Auge aus dem Weltraum sichtbar...
---
Here for comparison a few photos from 2014, big difference, visible from space with the naked eye... pic.twitter.com/obFZQb5VC1

— Alexander Gerst (@Astro_Alex) 2018年8月8日

オドロキですね。ここまで異常な暑さは今年だけでカンベンしてもらいたいです。そして来年は緑も枯れずに頑張って欲しいものです。

Source: Twitter, The Washington Post

GIZMODO

「宇宙」をもっと詳しく

「宇宙」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ