Windows 10ミニTips 第411回 【2019年版】標準Webブラウザーを変更する

8月13日(火)0時0分 マイナビニュース

「Windows 10ミニTips」は各回の作成時点で最新のWindows 10環境を使用しています。

○警告メッセージの廃止を確認

この8月上旬話題になったのが、Chromiumエンジンを採用した新Microsoft Edgeのベータ版と安定版のリーク話だ。安定してはいないが最新機能を試せるCanaryチャネルがあるため、日本では話題になっていないが、注目したいのが“安定版をビルドにしている”という点。

Microsoftはリリーススケジュールを明らかにしていないが、Windows 10 20H1あたりで、既存のMicrosoft Edgeを代替する標準Webブラウザーとなるだろう。

そこでフッと気になったのが、標準Webブラウザーの設定である。以前はMicrosoft EdgeからMozilla FirefoxやGoogle Chromeなど他のWebブラウザーに切り替えると、設定変更を押しとどめるメッセージが現れたように記憶しているが、Windows 10 バージョン1903で確認したところ、難なく切り替えることができた。

手元のPC環境はすべてバージョン1903に更新してしまったため、いつから警告メッセージを廃止したのか確認できないが、シンプルになったのはよい傾向である。

阿久津良和(Cactus)

マイナビニュース

「Windows 10」をもっと詳しく

「Windows 10」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ