コクヨの「ネオクリッツ」は観音開きするペンケース。棚から文房具がすぐ取り出せる

8月16日(金)11時45分 GIZMODO


20190717_450_5-1
Image: Amazon.co.jp

ライフハッカー[日本版]からの転載

ペンケースの弱点はどこに何があるのかわからなくなること。ボールペン、シャーペン、消しゴム、定規…。それぞれ大きさも違うので、ホッチキスや消しゴムは下の方に埋もれ、付箋紙なんかはペンケースの中で汚れてしまいます。

でもこれって、ペンケースが棚のように使えたら解決できそうなんです。

コクヨの「ネオクリッツ」は、まるで小さなキャビネットシェルフみたいな、立てて使える縦型のペンケースです。

どこに何があるか、すぐわかるImage: Amazon.co.jp 縦型のペンケースのメリット、それは圧倒的に見やすいこと。どこに何があるのかパッと見てわかるので、直感的に必要なものを取り出せます。

これって仕事上でとっても大切です。メモを取りたいと思ったときに、ペンが見つからなければストレスがたまりますし、相手を待たせることにも。

だから、直感的に使えるというだけで、価値を感じますね。

また、観音開きのように開くことも、見やすい理由のひとつ。この開け方はなかなか見かけませんよね!

収納もたくさんできるImage: Amazon.co.jp 収納もしっかりできる設計になっていて、ペンは約6本、クリップやのり、付箋などもそれぞれ大きさに合わせて入れられます。

もはやペンケースではなく、ワークステーション。これさえ持っていれば、スマートに文房具を取り出せます。

移動するときも便利Image: Amazon.co.jp そのほか、横型と比べてデスクの省スペースにもなり、デスクの上もスッキリします。取っ手が付いているので、オフィスで使用すれば、会議室に移動するときも持ち運びが簡単。

カラーはネイビー、ブラウン、ブラックの3色。仕事用や子どもの学校用に購入してみてはいかがでしょうか?

なお、以下の表示価格は執筆現在のもの。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。


コクヨ ペンケース 筆箱 ペン立て ネオクリッツ シェルフ ネイビー F-VBF210B

コクヨ ペンケース 筆箱 ペン立て ネオクリッツ シェルフ ネイビー F-VBF210B

2,316円


購入



Source: Amazon.co.jp

GIZMODO

「コクヨ」をもっと詳しく

「コクヨ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ