VR映像に匂いをプラスする「VAQSO VR」、初回製造分の数百台が完売 追加販売へ

8月16日(金)17時45分 ITmedia NEWS

 嗅覚系デバイスを開発するベンチャーのVAQSO(バクソー)は8月16日、VRヘッドマウントディスプレイに取り付け、映像に合わせて最大5種類の匂いを出せるデバイス「VAQSO VR(Dev kit)」の初回製造分の数百台が完売したと発表した。同日から追加で同程度の購入予約を受け付け、9月上旬から順次発送する。価格は12万1740円(税込、送料別)。
 VAQSO VRは、「HTC VIVE」など市販のVRヘッドマウントディスプレイに、匂いが出るカートリッジを取り付けられるデバイス。視聴するVR映像に合わせ、海や森の匂い、コーヒー、女性のシャンプーの香りなどを出し分け、映像への没入感を高めるのが特徴だ。
 初回製造分は、2018年11月に開発者向けに発売。日本、米国、中国、フランス、ドイツ、台湾などで販売したという。
 一般向けには、20年初めごろの発売を予定している。

ITmedia NEWS

「製造」をもっと詳しく

「製造」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ