74言語の音声、7か国語のテキスト翻訳可能 通信型翻訳機

8月16日(金)13時30分 J-CASTニュース

遠隔で会話ができるなど翻訳以外の機能も充実

写真を拡大

パソコン向けアクセサリーなどを手がけるアイティオーエス(東京都豊島区)は、通信型翻訳機「TALKNAVI(トークナビ)IT-TR01-GR」を2019年8月19日に発売する。


クラウド型エンジンにより翻訳精度95%を実現



タッチ対応の3.0型ディスプレー搭載。74言語の音声、7か国語のテキストを翻訳・通訳可能だ。「音声認識ボタン」を押しながら話すだけで、設定した言語に翻訳して発音する。500万画素カメラで撮影した文章を翻訳してテキストへ変換する機能も搭載。



クラウド型翻訳エンジンを用いることで95%という翻訳精度を実現した。ノイズキャンセル機能付きのデュアルマイクを搭載し、周囲の雑音を取り除いて的確に音声を識別できる。また、インターネットが使用できない場所でも内蔵エンジンによる音声翻訳が可能な「オフライン翻訳」を備える。



さらに、ユーザー同士なら遠隔地でも翻訳会話ができる「グループ翻訳」、頻度の高い質問や言葉をワンタッチで登録できる「お気に入り登録」、ボイスレコーダーとして音声を録音できる「録音翻訳」、「Wi-Fiルーター」などの機能を搭載する。



「Android 7.1」ベースのカスタマイズOSをプレインストール。メモリーは1GB、内蔵ストレージは8GB。nanoSIMカードスロットを装備。IEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.0をサポートする。



バッテリー容量は1500mAhで、連続待受は約7日、連続使用は約7時間。充電用USBケーブル、保護フィルムなどが付属する。



価格は2万7000円(税別)。

J-CASTニュース

「翻訳」をもっと詳しく

「翻訳」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ