ロジクールG、ロープロファイルの薄型メカニカルキーボード2モデル

8月16日(金)16時19分 マイナビニュース

ロジクールは16日、ゲーミングブランド「ロジクールG」から、ロープロファイルの薄型キーボード2モデル6機種を発表した。無線モデル「ロジクールG913ワイヤレスRGBメカニカル ゲーミング キーボード」(以下、G913)と、有線モデル「ロジクールG813 RGBメカニカル ゲーミング キーボード」(以下、G813)の2モデルで、いずれも8月29日に発売。価格はオープンで、店頭予想価格はG913が税別30,250円前後、G813が税別23,250円前後。

いずれも、スイッチがオンになるアクチュエーションポイントを1.5mmと浅めに設定し、薄型化と高速入力を両立したロープロファイルデザイン(ここでは低背化、一般的なメカニカルキーボードより薄型の意味)を採用。トップケースには堅牢な5052アルミニウム合金が使われ、激しいプレイでも滑りにくいとする。キーストロークは2.7mm。

キーボードにはライティング機能を備え、ゲーム内アクションとの自動連動に対応。本体左にはコマンドやショートカットキーを割り当てられる「G」キー5個を搭載し、ゲームモードキー、バックライトキー、メディアキーなども備える。G913は有線接続のほか、低遅延を特徴とする同社ワイヤレス技術LIGHTSPEEDや、Bluetooth 5.0によるワイヤレス接続に対応。USBレシーバも付属する。

スイッチは沈み込む打鍵感があるタクタイル、なめらかな入力感のリニア、クリック音があるクリッキーの3種類で、G913、G813ともに各スイッチを搭載した3機種をラインナップする。キー配列は日本語配列でテンキー付き。

G913の本体サイズはW475mm×15mm×22mm、重さは1,025g。押下圧は50g、キー耐久は5,000万回。本体は2段階の角度調節が行える。電源は充電式リチウムイオン電池で、連続使用時間は30時間(LEDフル使用)、フル充電までの時間は3時間。対応OSはWindows 7.0以降、Mac OS 10.11以降。

G813は、G913からワイヤレス機構が省かれたモデルで、G913と同じくそれぞれのスイッチを搭載した3機種が用意される。主な仕様はG913と同等だが、重さが1,145gに、インタフェースがUSB 2.0のみとなる。

マイナビニュース

「モデル」をもっと詳しく

「モデル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ