トヨタ、社用車を利用する法人向けサービスを提供開始

8月20日(火)14時24分 マイナビニュース

トヨタ自動車は8月20日、社用車を利用する法人に向けて「トヨタソリューションサービス」を開発し、全国のトヨタ車両販売店、トヨタレンタリース店を通じて、アウトソーシングサービスは同日から、テレマティクスサービスは9月20日から提供を順次開始すると発表した。
ソリューションサービスは「アウトソーシングサービス」と「テレマティクスサービス」の2つ。

アウトソーシングサービスは、法人顧客の車両管理業務をトヨタが受託するサービスとなり、主なサービス内容は車両管理を同社が請け負い、省力化・外部化を実現する8種類の「車両管理BPO」サービス、車両管理から見えた課題を解決する3種類の「稼働最適化」サービス、トヨタのノウハウに基づいた安全運転支援サービスを提供する7種類の「リスクマネジメント」サービスの3つで構成している。

一方、テレマティクスサービスは新開発のWebシステム「TOYOTA MOBILITY PORTAL」を活用し、車両に関わる業務の効率化や困りごとを解決するサービス。TOYOTA MOBILITY PORTALは、従来トヨタレンタリースが提供する車両管理者向けシステム「TCM-Support」を刷新し、画面の視認性や操作性向上、管理者タスクの可視化、スマホ対応など、分かり易さ、使い易さを追求したという。

主なサービス内容は、リース契約情報・メンテナンス状況等の車両管理に関する情報をお客様自身がWeb上で一元管理する「車両管理」と、通信型ドライブレコーダー「TransLogII」を活用し、営業車両の運行データを分析する「運行管理」の2つで構成。

TransLogIIは、車両運行管理を支援するテレマティクスサービス「TransLog」を刷新したものとなり、車外カメラによる録画機能や通信機能に加え、車内カメラ設置による運転中の車内情報の取得(オプション)、高速道路・一般道の識別による正確な情報の記録など、サービス性を向上したという。

マイナビニュース

「トヨタ」をもっと詳しく

「トヨタ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ