Gmailのメールアドレスを無限に作る方法(アカウントは1つ)

8月21日(水)22時5分 lifehacker

パートナーと一緒に暮らしていると、必ず、2人分のメンバーシップやアカウントに登録することになります。劇場のペア会員や、2人とも補償される健康保険などがそうです。

面倒なことに、こうしたメンバーシップの多くが、メールアドレスを1つしか登録できません。3つ目のメールアカウントをつくったり、登録するたびに新たな転送ルールを追加したりする代わりに、Gmailを上手く使いましょう。

一度設定するだけで煩わしさから解放されます。

Gmailは、1つのメールアドレスを複数にできるLifehackerの読者Tripppleさんが紹介するのは、Gmailのメールアドレスで「+」を使うやり方です。Gmailでは、自分のメールアドレスに「+」から始まる文字列をくっつけることで、複数のメールアドレスをつくれます。たとえば、「bert@gmail.com」というメールアドレスを持っていたとしましょう。これに+をつければ、無限にメールアドレスを作れます。



bert+work@gmail.com

bert+newsletters@gmail.com

この2つは、「bert@gmail.com」と同じメールアドレスを意味します(Gmailで独自ドメインや組織のドメインを使っていても、同様のことができます)。しかも、アカウントを新しく作る必要はありません。本体は1つで、そのほかは分身のようなものですね。

つまり、Bertさんは「bert+ernie@gmail.com」というメールアドレスを作り様々なサービスに登録し、ここに届いたメールはErineさんに転送するようにGmailで設定すればいいのです。

共有のアカウントを申し込む際には、Gmailで転送先のメールアドレスを設定し、フィルターをかけなければなりませんが、一度設定してしまえばそれ以上は何もする必要がありません。

共有のアカウントを申し込むときに、その特別なメールアドレスを使うだけです。

1.転送先のメールアドレスを設定するまず、パートナーのメールアドレスを、転送先のメールアドレスとして割り当てなければなりません(これでスパムメールを防げます)。



右上にある歯車のアイコンをクリックして、「設定」を開きます。「メール転送とPOP/IMAP」のタブをクリックします。

「転送」のセクションで「転送先アドレスを追加」をクリックします。

パートナーのメールアドレスを入力し、「次へ」→「続行」→「OK」をクリックします。

Gmailからパートナー宛てに、確認コードが送られます。そのコードをGmailの「確認コード」欄に入力し、「確認」をクリックします。

2.共有のメールアドレスにフィルターを設定する次に、Gmailで特定のメールをすべてパートナーに転送する設定をします。



Gmailの「設定」を開きます(右上の歯車のアイコンをクリック)。

「フィルタとブロック中のアドレス」をクリックします。

その下にある「新しいフィルタを作成」をクリック。

ドロップダウンリスト付きのウィンドウが表示されます。「To」のセクションに、共有のメールアドレス(例えばbert+ernie@gmail.com)を入力し、「フィルタを作成」をクリックします。

ドロップダウンリスト付きのウィンドウが新たに表示されます。「次のアドレスに転送する」をクリックし、ドロップダウンリストからパートナーのメールアドレスを選択します。「フィルタを作成」をクリックします。

共有のアカウントを申し込むときは、この特別なメールアドレスを使うこれで、メールはBertさんに送信され、Gmailがそれを自動的にErineさんに転送してくれるのです。

また、この機能を使うために、ErineさんがGmailのアカウントを持っている必要もありません。これは助かります。

あわせて読みたい

Image: Benjamin Currie/Lifehacker US

Nick Douglas - Lifehacker US[原文]

lifehacker

「アカウント」をもっと詳しく

「アカウント」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ