【動画あり】「切っても切れないホラーと美少女の組み合わせ」アイドル meets PS VRホラーゲーム特集 前編『KITCHEN』『Home Sweet Home』

8月23日(金)19時40分 マイナビニュース

さて、これまでライターの芹澤正芳氏が孤軍奮闘していたPS VR紹介シリーズを、今回から筆者である『風のイオナ』も担当することになったので、さっそく1回目の記事を書かせていただいた。まずは今の季節である「夏」に合わせてホラーゲームを紹介していきたいと思う。

ちなみにホラージャンルに最も必要な存在は美少女だと断言したい。美少女が魑魅魍魎どもに襲われながら間一髪で命びろいし、その脇でストーリー前半を盛り上げた軽いノリの兄ちゃんが無残な死を遂げ、それを見た美少女が泣き叫ぶ、というシーンはホラーモノの定番中の定番である。

ということで、今回は筆者がプロデュースしているアイドルグループ『あまりりす』の2人にホラーゲームをプレイしていただき、悲鳴を上げて怯える映像とともに、VRホラーゲームの恐怖感を読者にも感じてもらいたいと思う。

○思わず顔を背ける強烈な恐怖が襲い掛かる『キッチン』

まずは『KITCHEN』(キッチン)をご紹介。このゲームは2016年にPS VRのローンチタイトルとしてリリースされたものであり、後にリリースされた『バイオハザード7』の前日譚として作られたショートショート的な作品である。ゲームと言うよりは主にVRで恐怖体験をすることに特化した作りになっており、プレイヤーの意思介入はほぼできない。つまり普段ゲームを全くプレイしない層であっても、手軽にVRホラー体験を味わうことができるというわけだ。

プレイヤーは廃屋の台所、つまりキッチンで手錠を掛けられ椅子に座らされた状態で始まる。座ったままながら360度視界を見渡すことができ、荒れ果てたキッチン内の惨状や、床や壁に飛び散った血痕などがリアルに目に飛び込んでくる。

ゲーム開始直後、視界の左側に寝転がっている男性の存在に気付く。彼はほどなくして起き上がり、プレイヤーの元に歩みよってくるのだが、この時点でこの男性が敵か味方なのかは判断がつかず、プレイヤーは「一体何をされてしまうのだろうか……」という恐怖感を味わうことになる。

そしてその後、突如キッチン内に現れたクリーチャーに男性が襲われ、更に主人公にも凶器が振り下ろされる……。この瞬間、プレイヤーはまともに正面を見ることができないほどの恐怖感を味わうことになるだろう。筆者もここまでリアルに「死」を感じたことは初めてであった。

プレイ時間は約3分程度で価格は100円。ゲーセンに登場した新作アーケードゲームを初プレイし、ゲームオーバーになってしまうまでの時間とほぼ同等と考えれば安いものである。PS VRで真っ先にホラー体験をしたいと思ったら、この『KITCHEN』がオススメだ。

○攻撃手段はなし! 逃げるか隠れるかの2択『ホーム・スイート・ホーム』

さて、2本目に紹介するのは『Home Sweet Home』(ホーム スイート ホーム)。タイ発の探索ホラーアドベンチャーゲームで、元は2017年にSteam版でリリースされたゲームだが、今年6月にVR対応でPS4へ移植されている。

さて、筆者が『ホーム スイート ホーム』というタイトルから思い出してしまうのは1989年に劇場公開された映画『スイート・ホーム』である。そして劇中BGMの1曲には「Home Sweet Home」という本作と同名曲が存在したため、俄然本作への興味を持ってしまったのである。ちなみに映画『スイート・ホーム』の音楽は元PSY・Sの松浦雅也氏が手掛けていたので、当時(今もだが)PSY・Sの大ファンだった筆者は映画よりもサントラ盤が欲しくて即買いしてしまったという経緯があった。

話は逸れたが、『ホーム・スイート・ホーム』の紹介をしていこう。プレイヤーは主人公のティムとなって、目覚めた自室をスタート地点に、失踪した妻のジェーンを探すべく、奇妙な館内を探索していくことになる。操作はアナログキーでの移動と、取得可能なアイテムや開閉可能な扉は枠が白く光って表示され、ボタン1つで目的のアクションを行うことができるなど、初心者にも優しい作りになっている。ある意味、90年代以降にブームとなったオールドスクールな3Dアドベンチャーという側面も持っているので、「難しい操作が必要なのではないか……」と敬遠している人には、全力でその偏見を解いてもらいたいと思う。

プレイヤーは館を探索する中で、時折襲いかかってくるクリーチャーに出会うことになるが、こちらには一切攻撃手段はなく、逃げるか隠れるかでやり過ごすしかない。探索時は「何かが起こりそうで起こらない」という不安を煽る恐怖感につきまとわれるのだが、敵に襲われた時だけは「追われる恐怖」を味わうことになる。

本作をプレイする中で気付くのが館内の構造が都度、変化していく点。くぐってきた扉が、後に行き止まりになったり、最初に通った時にはなかった扉が増えていたりと、何が起こるかわからない。更に赤黒く不気味に歪んだ壁からは黄泉の国と繋がっているのか、魑魅魍魎が出入りしている。

直接的な怖さは1本目に紹介した「KITCHEN」には敵わないが、館内を探索しているうちにじわじわと異世界に取り込まれてしまう魅力を秘めた1作である。ボリュームも充分で初回クリアまで8時間前後は楽しめる。古典的ホラーアドベンチャー好きにはぜひオススメしたい。価格はパッケージ版、ダウンロード版共に4,860円(税込)で発売中。

○〜あまりりすの 「この曲が好き!」〜

初めまして、『あまりりす』の猫崎しのです。本連載では記事の最後にあまりりすのメンバーが毎回好きな楽曲を紹介するという“連載内連載”をすることになりました。第1回は猫崎が『ゆるめるモ!』さんの「逃げろ!!」という曲を紹介したいと思います。

この曲は「つらいときは逃げてもいいんだよ」というメッセージが込められていて、ゆるめるモ!さんのコンセプトである「窮屈な世の中を緩める」にピッタリの代表作です。猫崎もずっと救われている曲です。ぜひみなさんもつらいとき寄り添ってくれるゆるめるモ!さんの曲を聴いてみてくださいね。

○【あまりりすプロフィール】

2019年1月にライブデビューした、「結城るるか」「猫崎しの」「七瀬みう」「成瀬琳夏」の4人組アイドルグループ。楽曲提供を「スーパースィープ」と元VAMPIRE PLEDGEのギタリスト、「ツカーサ」がそれぞれ行っている。キュートなグループ名に反するアグレッシブなライブパフォーマンスが特徴かつ魅力。現在月10本前後のライブを行っているので、ぜひライブに遊びにきてください!
◆あまりりす公式twitter >> https://twitter.com/amaryllis_idol
◆結城るるか >> https://twitter.com/Ruruka_yuki
◆猫崎しの >> https://twitter.com/shino_nekozaki
◆七瀬みう >> https://twitter.com/miu_nanasee
◆成瀬琳夏 >> https://twitter.com/rinka_naaaa

マイナビニュース

「ホラー」をもっと詳しく

「ホラー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ