Windows 10ミニTips 第417回 Windows 10の通知を見落さない

8月24日(土)0時0分 マイナビニュース

「Windows 10ミニTips」は各回の作成時点で最新のWindows 10環境を使用しています。

○アクションセンターで確認するか、通知時間を調整する

筆者が鈍いのかも知れないが、以前は“トースト通知”などと呼ばれていたWindows 10の通知を見落とすことが増えてきた。通知をタップすれば、元となるアプリが起動する。さらにアクションセンターで後から確認することも可能だ。

ただし、アクションセンターに列挙される通知は未操作に限られる。アプリを起動するために押したつもりが、矢印アイコンを押してしまい、通知を閉じてしまうこともあるかもしれない。

加えて、通知は5秒後に閉じてしまう設定だ。スマートフォンにおける通知のように、確認するまで閉じない設定はできないが、通知の表示時間を調整することは可能である。

上記で示したような通知の表示時間は5、7、15、30秒、1、5分の刻みで選択できるため、筆者のように短く感じる方は15秒ほどに設定すると、通知機能の利便性が向上するだろう。

阿久津良和(Cactus)

マイナビニュース

「Windows 10」をもっと詳しく

「Windows 10」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ