ゴツくてカッコ良い! 1000Wで走るイタリア製カーボンSUVのeバイク

8月26日(月)14時0分 GIZMODO


190826_motoparilla
Image: MOTO PARILLA

オフロード向けのeバイク!

イタリア製の自動車やバイクと聞くと、スタイリッシュというイメージがありますが、中には太いタイヤといかにも剛性の高そうなフレームで組み上げた、やたらゴツいeバイクもあったりします。

designboomが取り挙げているのは、MOTO PARILLAの電動アシスト自転車。これはカーボン・ファイバーとアルミニウムから成るフレームと、グリップを向上させるための極太タイヤを組み合わせたものです。

フレームにある大きなふたつの穴がとても印象的で、太いフロントフォークにスイングアーム、それにデッカいディスクブレーキも相まって単車みたいに見えますね。実際に人と並ぶと、こんな感じです。


190826_motoparilla2
Image: MOTO PARILLA

搭載しているのは1000Wの高性能ブラシレス・モーター。このパワーを操るために、各パーツがゴツくてブっとくなっているのです。ほとんど自動二輪車と同じ理屈ですよね。

電動アシスト自転車というと街乗りってイメージですが、MOTO PARILLAは山でも雪でも、どんな悪路だって走破が可能となっています。

MOTO PARILLAによりますと、彼らが作るeバイクには4層のハンドメイド塗装と、最高のイタリア革職人によるシートを搭載し、モデル毎に生産数が限定されているとのこと。「MIMETICA」のみ限定生産ではないようですが、「LIMITED EDITION」は130台で、「Anniversary」は15台、それに好みのパーツでオリジナルの1台を組む「ULTRA」というのもあります。

値段はモデルとエンジンのワット数によりそれぞれですが、70万円台から100万円台、または受注生産の「ULTRA」だと指定したパーツに応じた額になるようです。

「カーボンSUVのeバイク」だというMOTO PARILLA。確かにタダモノではないので、そのお値段に納得です。

Source: YouTube (1, 2), MOTO PARILLA via designboom

GIZMODO

「バイク」をもっと詳しく

「バイク」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ