AR主力機になる? 2020年モデルのiPad Proは3Dセンシングカメラを搭載するかも

8月27日(火)18時30分 GIZMODO


20190405nipad
Image: Alex Cranz (Gizmodo)

あれ、今年じゃない…?

iPhoneのカメラは毎年大きく進化しますが、一方でiPadのカメラはコンサバ…。そんな傾向も、来年には大きく変わるかもしれません。海外からは、2020年モデルのiPad Proには3Dセンシングリアカメラが搭載されるとの情報が伝えられているのです。

韓国サイトのThe Elecによると、韓国メーカーのDerkwoo ElectronicsはiPad ProむけにToF 3Dセンサーモジュールを出荷するとのこと。また、この2020年モデルのiPad Proの量産は今年年末に開始されるとしています。

この2020年モデルのiPad Proが次期モデルなのか、あるいは2019年モデルの次に投入されるバージョンなのかは、ソースでは触れていません。しかし2019年末に生産が開始されるということは、2020年に投入されるのは次期iPad Proだという推測がなりたちます。もちろん、単純にThe Elecの情報が間違っている可能性もありますけどね。

AppleはARに注力していますが、この情報によってiPadがiPhoneより先にAR用に強化されたモデルとして登場する可能性も出てきました。

さらに、次期iPad ProではiPhoneとおなじくカメラ機能がアップグレードされるとの報道も、以前から登場していました。次期iPhoneでは広角レンズ、標準レンズ、望遠レンズの3カメラシステムとなりそうですが、iPad Proでは別のアプローチが取られるのか、こちらも注目ですね。

Source: The Elec via MacRumors

GIZMODO

「カメラ」をもっと詳しく

「カメラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ