富士通とNVIDIAが協業を強化- PRIMERGY/NVIDIAコラボプログラム開始

8月28日(水)15時53分 マイナビニュース

富士通とNVIDIAは8月28日、グラフィックスカード内蔵型のサーバやHPC(ハイパフォーマンス コンピューティング)、AI、VDI(仮想デスクトップ)などPCサーバ事業における幅広い分野で協業を強化し、GPUコンピューティング向けのプラットフォーム導入を支援する「FUJITSU Server PRIMERGY / NVIDIA コラボレーションプログラム」を同日より開始したことを発表した。

このプログラムは、両社によるGPUコンピューティング向けプラットフォームの導入サポートを提供するとともに、従来より提供しているVDI向けの製品ラインナップをより一層強化するもの。

FUJITSU Server PRIMERGY/NVIDIA コラボレーションセンター(東京都港区)を共同で開設。検証用サーバを常時配備し、両社の専任サポート要員がGPUの導入によるVDI、HPCやAIシステムにおけるPCサーバ性能検証テストの実施、顧客がNVIDIA GPUを搭載したPCサーバを導入するにあたり必要なソフトウェアの設定作業から、テスト結果の妥当性の検証までを一貫してサポートするという。

また、VDIにおいて仮想環境での「Windows 10」の快適な画像処理を実現する仮想化グラフィックスカード「NVIDIA Tesla M10」に、VDIヘのGPUリソースの割り当てを制御する「GRIDソフトウェア」をバンドルした「NVIDIA GRID 仮想PC for Windows 10」を富士通から提供開始する。

さらに、富士通のPCサーバ「PRIMERGY RX2530 M5」および「PRIMERGY RX2540 M5」を、エヌビディアによるNGC-Ready認証を受けた構成で富士通から提供開始する。この構成では、HPCにおけるAIの学習と推論、データ分析、画像処理など、さまざまなワークロードを高速化する「NVIDIA T4 GPU」を搭載するという。

提供価格は「NVIDIA GRID 仮想PC for Windows 10」がオープン価格、「FUJITSU Server PRIMERGY RX2530 M5」が税別131万4,800円から(NGC-Ready認証済み構成)となっている。

マイナビニュース

「富士通」をもっと詳しく

「富士通」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ