Appleの紛失防止タグ、とても便利そう。ARで探せるなんて最高じゃない?

9月2日(月)21時0分 GIZMODO


apple-item-tag
Image: MacRumors

忘れん坊の救世主。

以前から噂は伝えられていた、Apple(アップル)の紛失防止タグ。こちらについて、iOS 13への統合から内部機構まで、噂ですが詳しいレポートが登場しています。

MacRumorsによると、このタグを鍵や財布、かばんにくくりつけると、位置情報を補足し、それらがどこにあるのかを知ることができます。内部コードではこのタグは「B389」と呼ばれてり、その外観は円形でAppleロゴの入ったものとなるようです。

そして「Find My」アプリ内では「Items」というタブにて、位置情報が把握できます。さらに自分から離れると通知を送ったり、通知を送らない「セーフゾーン」を設定することも可能。また、アプリ経由でサウンドを鳴らしたり、友達とタグの位置情報を共有することもできます。

また「ロストモード」になったタグは、他のiPhoneユーザーが近づくと連絡先を参照でき、電話やテキストを送信することができます。さらに、背面からは交換式のバッテリー(あるいはボタン電池)にアクセスできるようです。


balloons-find-my-item
Image: MacRumors

さらに興味深いのが「Find My」アプリから使えるAR機能で、タグの位置を上画像のようなバルーンで表示し、部屋の中を歩きまわったり、iPhoneを上下に動かすと、その見え方が変化し、正確な場所がわかるというのです。まるでゲームのようですね!

これらの情報は6月にリリースされた内部ビルドのものとのことで、実際の製品やアプリの外観は異なっている可能性があります。しかし、お財布やキーケースをなくしやすい人にとっては、かなりの注目アイテムになる予感がしますよ!

Source: MacRumors

GIZMODO

「Apple」をもっと詳しく

「Apple」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ