Galaxy Buds、コンシューマー・レポートも納得の高評価

9月3日(火)18時0分 GIZMODO


190311_galaxybudsrev6
Image: Adam Clark Estes (Gizmodo US)

前評判どおり。

妥当AirPodsの尖兵としてSamsung(サムスン)から投入された、ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」。こちら、アメリカの消費者団体による雑誌コンシューマー・レポートでも音質でかなりの評価を得ているようです。

コンシューマー・レポートといえば、消費者の利益を第一に考えた非営利団体。Apple(アップル)製品であろうと、容赦ない評価を下すことで定評があります。普通の商業誌じゃ、こうはいきませんよね。

そしてコンシューマー・レポートのレビューにて、Galaxy Budsは音質評価にて86点の高評価を叩き出しています。そのコメントでは「Galaxy Budsの音は素晴らしく、普通のヘッドホンで聞く音を大きく超えています。USB Type-Cやワイヤレス充電などの最新機能が搭載されており、また周囲の音のせいで音量を上げる必要はありません」と伝えているのです。

普通のヘッドホンがどの程度のものを想定しているのかがちょっとわかりませんが、べた褒めな感じですな。一方、Apple(アップル)のワイヤレスイヤホン「AirPods」にたいしては56点と、かなり辛口評価です。

「AirPodsの弱点の一つはバス(低音)です。キックドラムの物理的な衝撃による低音は伝わるのですが、奥行きがありません。低音はたしかにありますが、満足のいく広がりがありません。ミッドレンジにも問題があり、多くの楽器が存在する場合は、混雑してぼやけた感じになり、聞き分けが難しくなります」とのこと。

ふーむ、Appleファンとしては気になる(そして納得せざるを得ない?)内容です。Appleは耐水性やノイキャン機能を搭載した次期AirPodsを用意しているようですが、音質は改善されるのかな?

Source: Consumer Reports via 9to5Mac

GIZMODO

「Galaxy」をもっと詳しく

「Galaxy」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ