NVIDIAがモバイル版「Quadro RTX 6000」、モバイルWS「ASUS ProArt StudioBook」で初採用へ

9月4日(水)21時50分 マイナビニュース

NVIDIAのプロフェッショナル向けGPU、「Quadro RTX 6000」のモバイル版が登場する。

ドイツ・ベルリンで9月6日からはじまる「IFA 2019」に向けて発表されたもので、ASUSのクリエイター向けモバイルワークステーション ProArt StudioBookシリーズの新モデル「ProArt StudioBook One」が、モバイル版Quadro RTX 6000を初めて搭載した製品として市場投入される。

NVIDIAはモバイル版Quadro RTX 6000について、リアルタイムのレイトレーシング、高度なシェーディング、AI拡張ツールの利用など、デスクトップ版に劣らない最先端のパフォーマンスを提供できると説明している。

ASUS ProArt StudioBook Oneは、ディスプレイサイズが15.6インチで、CPUがIntel Core i9、メインメモリが64GB DDR4、ストレージがNVMe SSD 1TBといったスペックのWindowsノート。GPUにモバイル版Quadro RTX 6000を搭載しており、ビデオメモリはデスクトップ版同様の24GB容量だ。なお、ディスプレイは4K 120Hzの液晶パネルで、Adobe RGB 100%カバー、出荷時キャリブレーション済み。

GPUがGPUだけに、電源や熱処理は特別製で、電源には、高密度・高効率化でサイズは従来の同容量電源の半分だという300WのACアダプターを用いる。25mm厚というラップトップ本体にこのGPUを収めるため、チタン製ベイパーチャンバーを用いた極薄仕様の熱冷却ソリューションを組み合わせている。

マイナビニュース

「ASUS」をもっと詳しく

「ASUS」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ