Windows 10ミニTips 第421回 究極のウラ技? Cortanaを無効にする

9月7日(土)0時0分 マイナビニュース

「Windows 10ミニTips」は各回の作成時点で最新のWindows 10環境を使用しています。

○レジストリの操作が必要

現在、開発が着々と進み、Windows Insider Program参加者にリリースしているWindows 10 20H1では、Cortanaと検索の分離が予定されている、英語圏向けだが、Microsoft Storeでの単体配布も始まった。

今後Microsoftが音声アシスタントについて、どのようなアプローチを行うのか不明だが、筆者個人の感覚で述べるとMicrosoftはCortanaをOSから独立させたいように感じられる。他の音声アシスタント、Amazon AlexaをWinodws 10アプリで提供したもその一環ではないだろうか。

そろそろCortanaを無効にする選択肢があっても良いだろう。最近では音声データのプライバシー問題も話題となり、キーボードやマウスの使い勝手を超えないのであれば、Cortanaという音声アシスタントを普段使わない人が有効にし続けるメリットは少ない。もっとも初期のWinodws 10と異なり、最近(正確にはバージョン1607以降)はコマンド1つで無効にすることができる。

reg add "HKLM¥SOFTWARE¥Policies¥Microsoft¥Windows¥Windows Search" /v AllowCortana /t REG_DWORD /d 0 /f

PCを再起動すると、Cortanaを表す丸いボタンがタスクバーから除去され、コンテキストメニューにあった「Cortanaボタンを表示する」も現れなくなる。

なお、ふたたびCortanaを有効にする場合は、「reg add "HKLM¥SOFTWARE¥Policies¥Microsoft¥Windows¥Windows Search" /v AllowCortana /t REG_DWORD /d 1 /f」を管理者権限で実行すればよい。

阿久津良和(Cactus)

マイナビニュース

「Windows」をもっと詳しく

「Windows」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ