見た目はまるで新書のスマホケース タイトルや著者名も入れられる

9月11日(火)13時30分 J-CASTニュース

タイトル決めれば"即発刊"、作家気分を味わえる!?

写真を拡大

スマートフォン(スマホ)グッズおよび雑貨などを手がけるシーガル(岡山市)は、オリジナルの手帳型ケースが作れる「本のスマホケース」を、2018年9月5日に同社が運営する「スマホカバー館.com」で発売した。

5種類のデザインを用意



スマホの機種、ケースのカラーを選択し、本のタイトル(20文字まで)、著者名(10文字まで)などを入力して発注すると、帯が付いた新書風デザインのオリジナルケースが作れる。



キメが細かく落ち着いた色合いの5種類のデザインを用意し、高解像度のUV印刷を施す。プラス500円でプロフィールと写真を背表紙にプリントできるというツイッターユーザー向けのオプションも用意する。



機種ごとの設計で、装着したまま撮影ができるカメラ穴を備えるほか、ぴったりフィットする装着感を味わえるという。



肉厚でクッション性が高く手触りの良い合皮素材を使用。開閉のしやすいマグネット式ベルト、内側にはカードポケットが2つ、サイドロングポケット1つを装備する。



カラーはブラウン×レッド、パープル×グリーン、ブルー×イエロー、レッド×ベージュ、グレー×イエローの5種類。



価格は5680円(税別)。

J-CASTニュース

「スマホ」をもっと詳しく

「スマホ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ