JeSU、日本代表をかけたeスポーツイベントを4タイトルで実施

9月11日(金)18時27分 マイナビニュース

日本eスポーツ連合(JeSU)は、「JAPAN eSPORTS GRAND PRIX」(日本eスポーツ選抜競技大会)を2020年9月24日から27日にかけて開催する。

「JAPAN eSPORTS GRAND PRIX」は、世界で活躍する選手を創出するために新設するeスポーツイベント。「eFootball ウイニングイレブン2021 SEASON UPDATE」に加え、「クラッシュ・ロワイヤル」、「ストリートファイターV チャンピオンエディション」、「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」の4タイトルで実施する。

また、同大会は、国際eスポーツ大会への日本代表選考も兼ねており、実施タイトルのうち、「eFootball ウイニングイレブン2021 SEASON UPDATE」、「クラッシュ・ロワイヤル」、「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」の3タイトルについては、大会の結果によって、韓国で開催予定の「Esports Championship East Asia(東アジアeスポーツチャンピオンシップ」へ出場する日本代表が決まる。「ストリートファイターV チャンピオンエディション」も日本代表出場権を付与するが、派遣する国際大会は決定次第発表されるとのこと。賞金総額は500万円。

なお、新型コロナウイルスの影響により、会場に集まらずオンラインでも盛り上がれるeスポーツの特長を活かした新しい観戦スタイルを提唱すべく、大会の様子はバーチャルスタジオを使った形式で配信。JeSU公式チャンネル(YouTube、Twitch、OPENREC.tv、ニコニコ生放送)に加えて、「東京ゲームショウ 2020 オンライン」のAmazon特設会場からも試聴できるという。

マイナビニュース

「eスポーツ」をもっと詳しく

「eスポーツ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ