巨大な海底観測ステーション、突如として跡形もなく消え去る…

9月12日(木)22時0分 GIZMODO


190911cau
Photo: Research Dive Center of the CAU

海の底も安全じゃない?

このほどドイツでは、不可思議な事件の犯人を求めて、情報提供が呼びかけられています。先月末にバルト海に面するキールの沖合において、海底観測ステーションのBoknis Eck Observatoryから、通信が途切えました。不審に思ってダイバーが現場の捜索に当たると、なんとズタズタに切り裂かれて残されたケーブル類以外は、ゴッソリと跡形もなくステーションごと消えてしまっていたのです!


190911cau2
Photo: Research Dive Center of the CAU

GEOMAR ヘルムホルツ海洋研究センターおよびHelmholtz Center Geesthacht(HZG)の両施設が、2016年末より観測データの収集分析を続けてきたBoknis Eck Observatoryは、上の写真のようなステーション設備で構成されており、いずれも数百kgの重さがあります。当初は、巨大な海洋生物や嵐、海流の変化なども原因と思われたそうですが、これだけの重さのものが瞬時に運び去られるなど、やはり自然現象としては考えられないとされていますね。


190911cau3
Image: Google Maps/Gizmodo US

ちなみに、Boknis Eck Observatoryは、ほぼドイツとデンマークの国境沿いの、沖合1.8km、海底22mの深さへ設置され、海水温や水質、海流の状況、クロロフィルおよびメタンの検出量などの測定が進められてきました。この現場周辺は、漁船の立ち入りも制限されていることから、もしかすると、どこか国外の秘密組織が、なんらかの目的でステーションを狙ったというミステリアスな説まで唱えられています。

あるいは、Boknis Eck Observatoryの資産価値は30万ユーロ(約3600万円)に上るともみられることから、沈没した軍艦などを盗み去って、めぼしいものを換金する犯罪の延長線上で生じたものかもしれないそうですよ。現在はドイツ警察が全力で捜査を進めているものの、やはりこの世界で、もっとも怖いのは人間ということでしょうかね?

Source: GEOMAR Helmholtz Center for Ocean Research Kiel

GIZMODO

「海底」をもっと詳しく

「海底」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ