Windows 10ミニTips 第422回 セキュリティ向上! Edgeのカメラを無効にする

9月13日(金)0時0分 マイナビニュース

「Windows 10ミニTips」は各回の作成時点で最新のWindows 10環境を使用しています。

○WDAGで「カメラとマイク」を無効にする

Windows 10 バージョン1709でEnterpriseエディション、Windows 10 バージョン1803からProエディションでWDAG(Windows Defender Application Guard)が使用可能になった。Hyper-V技術を用いたWDAGはハードウェアレベルでMicrosoft Edgeを分離し、法人ユーザーを対象にセキュアなWebブラウジング環境を提供する機能だが、もちろん個人ユーザーも使用して構わない。

WDAGではMicrosoft Edge使用中のデータ破棄やコピー&ペースト、印刷の禁止などに加えて、カメラとマイクを無効にする機能を備えている。こちらを使えばノートPCのカメラを塞ぐことなく、セキュリティを担保できる。

ただし、WDAGを使用するには、4コア(論理プロセッサ)以上でハイパーバイザー、および仮想化ベースのセキュリティをサポートする64ビットプロセッサや、最低8GB以上のメモリなど、比較的キツめのシステム要件をクリアしなければならない。基本的にはHyper-Vの仮想マシン上でWindows 10(基本はProエディション)が快適に動作するスペックを備えたPCが必要だ。条件を満たしている方は選択肢の1つとして覚えておいてもいいだろう。

阿久津良和(Cactus)

マイナビニュース

「Windows」をもっと詳しく

「Windows」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ